1959年製のC100

 

数々の偶然と人々の親切のおかげで、2001年の5月に私の手許に来てくれた、1959年製のC100を紹介させていただきます。入手の経緯はこちらをご覧ください。

C100発売当初は技術的に樹脂製のパーツを車体と同色にする事ができなかったため、1959年までのモデルはFrフェンダーが水色であり、初期型暫定色と呼ばれている。1959年以降は車体と同色となった。また、レッグシールドは6箇所をボルトで固定する形状だったが、1960年からは後部をプレートで押さえる方式に変わった。

キャリアは前オーナーが仕事で使う道具が増えたため、後年のものと交換。オリジナルは失われていた。現在付けているのはC100でも後期のモノで、ステ-や手掛けの有無が異なる。手掛け部の無い当時のキャリアがありましたらぜひお譲りください。 (その後、田中さんと臼井さん、中森さんのおかげで当時のパーツを入手する事ができました。ありがとうございます。当時のキャリヤは59年と60年では手掛けの有無以外にも、水抜き穴の位置が異なったりといった違いを見る事ができました。2001.11.10)

マフラーもサビによる穴空きで4-5回交換され、入手時にはOHCエンジン用のマフラーが付いていた。現在はとりあえず友人からの借り物に付け替えてありますが、どなたか当時のマフラーをお持ちに方は譲ってください。なお、当時のマフラーは下部のボルト2本だけで固定されていたため、後部が下がってくる事が多く1962年ころから上部にもステ-が追加された。 (その後、中森さんに当時のパーツを分けていただきました。ありがとうございます。2001.11.10)

車体色は青(マルエムブルー)であるが、1959年前期までの塗装は変色しやすく現在は緑色の様である。1959年以降は耐久性に富む塗料が使われ色褪せは少ない。エアクリーナーケースは鉄製で車体と同色。1959年以降はプラスチック製となった。

左右のフォークをつなぐパイプのプラグ(蓋)は水色のゴム製。またスイングアームの左右をつなぐパイプの蓋は鉄製である。いずれも1960年以降はプラスチックの成形品となった。

センタースタンドは鉄棒に補強を加えた構造。後のモデルはパイプがベースであり構造が異なる。

Frウインカーは1960年を境に前期型と後期型に分けられ、両者はレンズおよびハンドル側のベース形状が異なる。ホーンカバーはアルミの鋳物製で、1961年以降はアルミ板をプレス成形したものに変わった。Frショックは上下のブラケットがアルミ製で、スプリングには樹脂製のカバーが付けられているが、1960年以降はブラケットが鉄製となりカバーは付かない。

前後輪共全てのスポークが内側から張られており、内張りスポークを呼ばれている。見た目にはすっきりとして美しいが耐久性に難があった様で、1959年以降は通常の内外張りとなった。

左側に付くフロントハブ別体のスピードメーターギアユニットは1961年まで採用されたが、以降は右側のブレーキパネルに内蔵された。

フロントブレーキのトルクロッドは1960年までのC100に見られるが、以降はコストダウンのた簡略化(廃止)され、ブレーキを掛けるとフロントサスが伸び上がるというカブの特徴が生まれた。

また、内張りスポークのハブはブレーキドラムの内径が120ミリで、以降のモデルよりもシューの巾が狭い。1959年以降は110ミリ径となり以後そのサイズは現在まで不変。

C100の車体番号は、1960年までC100-YY-*****と生産年(西暦)の下2桁が使われていたため、生産年の判別が容易。このC100は1959年製である事が分かる。この年の生産台数は167,500台とあるので、平均すると月産約13,900台となるが、この当時は毎月加速度的に生産が増加したため、実際にはこの年の前半、3-4月ころの製造と思われる。

1959年製のエンジン番号はC100E-9*****と表示され、はじめの9は1959年製を表わしている様だ。当時はまだ車体番号とエンジン番号の差は少なく、このC100は9番違いで車体番号の方が若い。

1960年までのC100は、クランクケースの2箇所と共にシリンダーの両側でもエンジンをマウントしているため「吊りカブ」と呼ばれている。また1961年までのモデルは、クラッチ調整用のロックナットが二つあるため「二つ星」と呼ばれた。以降はアジャストボルトと同軸=ナット1個となり、この構造も現在まで不変。また、このタイプはクラッチディスクが3枚なのに対し、以降のモデルは2枚と異なる。

1959年前期までのキャブレターにはティクラーが無く、燃料コックのリザーブ機能も無い。なお、本来付いているはずの金属製のブリーザーパイプは失われていた。

シフトペダルはアルミ製。耐久性とコスト面からだろう、1959年以降は鉄製となった。また、シリンダー下部のダストガードはアルミ製で、内側にはアンダーコート状の塗装が施されている。1959年以降はプラスチック製。

1959年中頃までのモデルは、オイルラインのバンジョーとボルトがシリンダーヘッドに斜めに付いている。以降は水平。

型式認定プレートはエッチング製でクランクケースにリベット留め。1959年以降はフレームへのリベット留めとなり、1960年以降は印刷されたプレートがフレームに貼り付けられている。

当初C100は点火コイルをエンジンに内蔵するマグネトー点火であったが、初期のモデルは熱による不具合が多発したため、2次側の点火コイルをエンジンの外側に移設する対策が取られた様。このC100も対策品に交換されており、ハイテンションコードの取り回しや、クランクケースのメクラ蓋にその痕跡を見ることができる。

1959年後期以降のモデルとはウインカーリレーやレクチファイヤの配置が異なる。レクチファイヤにはMAR 59と印字され、生産時期が推察できる。

ハンドルグリップは薄青だが、1961年以降は茶、黒と変わっていった。またスイッチやホーンボタンは青色で、ホーンボタンは左右両側についている。1961年以降は黒となりホーンボタンは左側のみ。ニュートラルランプの枠には金属製のリングが嵌められている。1960年以降はプラスチック枠。この車輌のライトカバー(ケース)は樹脂製だが、1959年のモデルはアルミ製。

ハンドル自体も前期のタイプは内側が鉄板で覆われたモノコック風の構造。1961年以降はハンドルパイプが見える構造に変っている。エアクリーナーケースのカバーはアルミの鋳物製で、1961年以降はアルミ板のプレス成形品。

1959年前期までのスピードメーターはオートメーター製で、オドメーターの文字はエッチングに色差しという凝ったもの。以降は矢崎、電装、日本精機社製等が使われた。

1959年前半までのタンクマークはネジ留め式。以降は印刷したアルミ板を貼り付ける方式。

当時の小型2輪車はほとんどが2サイクルエンジンで、燃料にはガソリンにオイルを混ぜた混合ガソリンが使われていた。そのため誤って混合ガソリンを入れられない様に「ガソリンだけ入れてください。混合油はいけません。」という注意ラベルが1959年まで貼られていた。

茶色がかった赤いシートで後のモデルより先端が尖った形状。シートヒンジにはゴムブッシュが入っている。後部のロゴも旧くて素朴、裏側の鉄板の形状も独特。

メインスタンドを掛けるための手掛かりとして1959年まで用いられたが、以降はキャリヤの下側を手を掛けやすい形状とする事で廃止された。リアショックのボトムケースは鉄製。1959年の後期からアルミ製となり1962年頃から再び鉄製となった。上部にはグリスニップル付き。

鷲鼻と称される小型のテールランプ。1961年に大型化されそれ以降も2度に渡って大型化された。

当時のままのナンバープレートには松阪市の封印!が施されている。

前オーナーの話では一度パンクしたことがあるが未交換!との事。前後共KOKOKU(興國?)というブランド。

この様に外観からはこうした特徴を見ることができる。なお、C100が発売された年、1958年(前期)のモデルではシリンダーヘッドカバー(ロッカーアーム保持部)がアルミ製であったり、サイドカバーが鉄製といった特徴を持つ。また、1958年初期のモデルについては、別冊モーターサイクリスト誌の1999年11月号に詳しい紹介記事が載っている。(本編の記述には大阪の中森さんにご協力いただきました。多謝)

2001-05-10作成; 2002-11-29改訂

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)