5月 082001
 

この話は2001年の4月14日にいただいた一通のEメールからはじまった。「ウチに旧いスーパーカブがある。父が若いころ新しいバイクが出るというので予約して購入したもので、あなたのHPを見て初期型と分かった。父はもう歳のため免許を更新しないので乗る人がいない。室内保管で今でも走れる状態。条件が折り合えば譲っても良い」という内容。

予約して購入。私のホームページを見てC100の中でも初期型だと確認している・・・と来たから気が気ではない。「もしかしたら幻の1958年製かもしれない。1958年製で現存が確認されているのは極めてわずかな台数でしかない。もし1958年製だったら自分の持っている全てのカブと交換しても良いくらいの価値がある」わたしは平静を装いつつ(笑)ぜひとも拝見させていただきたい旨の返事を送った。

その後、数回のやりとりで初期型特有のメインスタンドを掛ける時のためのハンドグリップが付いている事や、先方は三重県松阪市の方という事が分かり、4月30日にはデジカメで撮った写真を送ってもらった。写真にはこちらのリクエストでシリンダーヘッド部分のアップや車体番号も写してもらったので、車体番号から1959年製であることと、荷台、マフラー、シートが後の部品に交換されている事が分かったが、車体色がどう見ても緑色に見えるのが疑問であった。1959年当時は青だけで緑色の車体はまだ発売されていなかったはずなのである。

1958年製でなく、いくつかの部品がオリジナルではなかったし、色等に若干の疑問はあったが、いずれにせよ私がこれまで入手した事の無い初期型のカブであることには違いない。私は東京から松阪まですぐにでも飛んで行きたい気持ちであったが、先方の都合もあり翌月の5日に伺う事が決まった。はじめてもらったEメールから写真を送ってもらうまでの約2週間も長かったが、先方に伺う事が決まってから実際に伺うまでの5日間は、自分にとって最も長い5日間だったかもしれない。

当日は松阪に向けて東京の自宅を朝5時に出発。置き場所の確保のため自宅に置いてあったカブを静岡県内の実家に運び、その足で東名、東名阪、伊勢道を経て9時間後の午後2時に待ち合わせ場所の松阪駅前に到着。駅に着いたら先方に電話をする事になっていたのだが、私は何とした事か先方の連絡先のメモを自宅に忘れ、住所から電話番号まで分からない羽目に。頼みは待ち合わせ時間の3時に、先方から電話が掛かってくる事を期待するだけ。もし電話が来なければそのまま帰るしか無い。この日まで期待一杯の5日間を過ごし、最後は不安で仕方の無い時間を過ごす事になってしまった。

しかし1時間後、息子さんから電話をいただく事ができて安堵。早速迎えにきていただきお宅に向かう。お父様は松阪駅から程近い場所で写真館を営む御歳70の方。伺うと店先にカブを出して出迎えていてくれた。このあたりは城下町の面影を色濃く残す町並みで、お店も旧いが良く手入れされていて、昭和34年製のカブはこの雰囲気にとてもマッチしている。

挨拶もそこそこに早速カブを拝見させていただく。事前に写真を送ってもらい穴の空くほど見ていたので、大体の様子は分かっていたが実車の存在感は素晴らしいもの。ワンオーナーで大切に使われ続け、各部が磨耗や経年変化しているため、レストアした車にはない時の流れを感じさせる。私はその佇まいにすっかり魅了されてしまった。

オーナーに勧められエンジンを掛けさせていただくと、2−3度のキックで掛かり最近まで現役だった事が分かる。写真でオリジナルではない様に見えたシートは、破れたのでカバーを掛けていたもの。カバー外すと現在とは異なる素朴な書体のHONDAの文字の赤いシートが現れた。シートを上げてガソリンタンクを見ると「ガソリンだけ入れてください。混合はだめです。」という注意書きが貼られている。当時の小型のオートバイはほとんどが2ストロークエンジンで、ガソリンにオイルを混ぜた混合ガソリンが使われていたのだ。

気になっていた車体色は青いオリジナルの色が退色したものであった。試しに左側のサイドカバーを外させていただくと、日焼けしていないオリジナルの青い車体色と共に、一度も使ったことが無いという車載工具もきれいな状態で姿をあらわした。

メーターは970キロを示していたが、これまでに2周くらいしているのとの事なので、走行距離は2万1千キロ弱という事になる。驚いたのはタイヤだ。パンクは1度だけ経験したがタイヤ自体は交換した覚えが無いという。見ると前後共にKOKOKU(興國だろうか)というブランドで、さすがに限界まで磨耗してはいるが残っていた事自体が驚きである。

このカブはご主人が結婚される前年、29歳の時にホンダから新型のバイクが発売されると知り、近所でバイク店を営む同級生のところで予約をして手に入れたとの事。予約したのはカブが発売された1958年だったが予約が殺到。配車は都市部から順に行われたため、実際の納車は翌年の1959年になったのだそうだ。

入手後は近所への用足しに使用。スピードもあまり出さず店の土間(室内)に保管してあったのでこれだけ長持ちしたらしい。店のガラス越しであろうと旧いバイクが好きな人が見れば分かるらしく、これまで何度も譲ってほしいと声を掛けられたが使用していたので断っていたとの事。

しかし、ご主人はしばらく前にご病気となり、回復はしたが歳も考えて今年は免許を更新しなかった。カブにはもう乗らないので、引き取り手はいないかとバイクの好きな息子さんにその話をしたそうだ。息子さんは知り合いのモンキーのマニアに声を掛けたが、その方は興味を示さなかったのでインターネットで検索して私のホームページを見つけて連絡してくれたそうである。何という偶然が重なったのだろう。そしてカブのホームページを公開していてこれほど良かったと思った事はない。

1996年に鈴鹿サーキットで開催されたスーパーカブのミーティングに、同級生のバイク好きがこのカブを持っていったら、現役最高齢車として賞をもらったと、賞品の額に入ったカブのイラストも見せていただいた。このミーティングには私も参加したので、2度目の対面になる訳である。

オリジナルでない荷台は、結婚式場などに持って行く写真機材が増えてきたため、大きな荷台が必要となり交換したもの。マフラーはちょい乗りばかりだったので水が溜まりやすく、これまで穴空きのため4-5回ほど交換しているそうだ。また、リムのサビは隣の風呂屋が毎晩側溝に湯を捨て、その湯気が上がってきたためとの事。そして、ハンドルの傷は飼い犬がここに前足を掛けるのが好きだったためだそうだ。こうした話が伺えるのもワンオーナーだからこそ。奥様からは「この人は乗るばっかりでちっとも掃除をしなかった。雨の日に乗った後など車体を拭くのは私かおじいさんばかりだった」という話も聞かせてもらった。

引き取らせていただく際、お願いして当時からのナンバーもそのまま一緒に譲っていただく。ナンバーの取り付けネジには松坂市の「松」と刻まれた素朴な封印が付けられているのだ。これも残したい歴史である。

そして最後にご主人とカブを一緒に写真に撮らせていただき丁重に礼を言って辞する。これだけの歴史やご主人、ご家族の話の詰まったカブは、とてもではないがレストアして新車の状態にしようなどという気にはなれない。お話を伺いつつ私は、このカブがいちばん似合うのは決して私の所などではなく、松阪市のここである事をしっかりと感じてもいたのだ。

こうして素晴らしいカブを譲っていただいた事で、わたしのカブの収集癖も落ち着く事だろう。いくつかの偶然と幸運、息子さんが取り持ってくれた縁、そして41年間カブを大事に使ってこられたご主人と、私のわがままを許してくれた妻に感謝せずにはいられない。

2001-05-08作成

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)