2月 262012
 

先日、カブが特集されていた2010年のMr.Bikeを買った事を書いたが、休刊となったMr.BikeはWEB Mr.BIKEとして生き残っていた。

ここのコンテンツの「週刊カブ」→「スーパーカブのすべて」はスーパーカブの情報が多方面に渡って掲載されている。過去にMr.Bike(雑誌)に掲載されたコンテンツに、新しい記事を取り混ぜて順次アップしている。そのため過去のコンテンツが次々と消されてしまっているホンダのサイト以上の充実度ともいえる。もちろん、私が購入した2010年の掲載誌の記事も載っていたので、先に知っていれば買う必要が無かったという事。

  2 Responses to “Mr.BikeWeb”

  1. 大変読み応えのある内容でした。
    [初期の新聞、雑誌広告に見るスーパーカブの広告ヒストリー・4]の、アメリカでの
    ナイセスト・ピープル・キャンペーン広告を見ていて気づいたんですが、「Bikes of
    Burden」を撮ったHans Kempさんの頭にはコレがあったんでしょうね。

    まさに『世界のナイセストピープル ホンダに乗る』ですね~。

  2. 井上さん、
    雑誌はある意味「消費されるモノ」ですが、この様にアーカイブすると読み応えがあり、資料としての価値も出てきますね。雑誌には厳しいご時勢ですが、この様な切り口で過去の記事をまとめれば電子書籍として売り物になりそうです。別冊モーターサイクリストに載った「スーパーカブ」の記事がこの様な形でまとめられたらほしいです。

    ナイセスト・ピープルの一連の広告と「Bikes of Burden」の関連性に気付いた井上さん・・・慧眼です。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)