8月 052013
 

IMG_2462

今年で20回を迎える墓参ミーティング。天候にも恵まれ楽しいイベントとなりました。

集合場所は日差しは強いですがさわやかな高原の風が吹く道の駅ふじおやま。今回は参加者が少ない上、自走途中のマシントラブルで参加を断念した方もいらしたため、少人数での開催となりました。しかし、今回は大阪は高槻市からご参加いただいた方もいらっしゃり、密度の濃いコミュニケーションができました。

道の駅すばしりから本田宗一郎の眠る富士霊園まで8キロほどのショートツーリング。木漏れ日の中を快適に走り、みなさんの脳内にはBeach BoysのLittle Hondaが流れたのではないでしょうか。

富士霊園に着き、木陰にカブを並べてお墓に向かうと先客が。クラブの紹介をしつつお話を伺うと本田宗一郎の奥様の代わりに参ったそう。さち夫人は御歳99。さち夫人の近況を伺ったり晩年の宗一郎の話を伺う事ができました。

ところで、墓参にはじめて参加された方には、本田家のお墓は他のお墓と異なる方角を向いている事を説明しています。

まわりのお墓は、みな東の方角を向いているのですが、本田家のお墓は西向きなのです。

なぜでしょうか。天候に恵まれると分かるのですが、西の方向には富士山があるのです。このお墓は富士山が好きだった宗一郎の意向でこの場所、この向きに建てられたのです。

数万基のお墓が同じ方角を向いている中で、それとは違う方を向いたお墓。ここに来るたびに「あの方らしいなぁ」と思うところです。

墓参のあとはふたたび9キロほど移動し、大きな石のテーブルのあるあずまやで昼食です。ここでも話は大いに盛り上がり、当初の計画からは大幅に解散時間が遅くなってしまいました。

ところで、集合場所を「道の駅ふじおやま」にした年から、このイベントの名称を「富士小山ミーティング」としましたが、集合場所が「道の駅すばしり」となったからには「須走ミーティング」にした方が良いのでしょうか。内容通り「本田宗一郎墓参ミーティング」にすべきかしら。

※参加された方には、上記以外の写真や高画質の写真を差し上げますのでお申し出ください。(Size:2048×1275)
 →お問い合わせはこちら(E-Mail)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)