8月 212014
 

毎日暑いですね。でも、バイクで走っていれば風が当たるので汗だくになる様な事はありません。しかし、お尻はいかがですか。シートに通気性が無いので蒸れて気持ち悪くありませんか。直射日光に晒されて熱くなったシートだとなおさらです。

スーパーカブには良いモノがあります。
20140821-0
スーパーカブ クールメッシュシートカバー@東京堂 http://www.webike.net/sd/20531560/
立体メッシュのシートカバーです。シートとお尻の間に空間ができ、通気性が確保されるというワケです。

ただ、私は他のバイクも持っていますので、代わりになるモノを探して見つけました。自動車の夏用の座布団です。これは通気性を第一に考えて作られていますので蒸れません。しかし、そのままバイクに使うと厚みがある上、シートやお尻へのフィット感がイマイチです。

20140821-1

そこで・・・バラしてみました。中身はポリエチレン製の立体構造のクッションが2枚合わせになっています。これを1枚使えば厚さは半分になり、フィット感も良くなります。

20140821-2

こちらが元のクッションの座面となる方ですが、こちらに座るとクッションがつぶれてしまいます。

20140821-3

こちらが裏面。こちら側に座る方が面圧が分散されて空間が確保されます。

20140821-4

使用するとお尻の蒸れは劇的に解消します。走行風がお尻の下を流れるので涼しく感じるほど。いちど使えばもう手放せません。課題はシートへの固定方法ですが、ヒモ等を使えば何とかなるでしょう。わたしは固定せずに使っています。

ツーリングの際は、これに加えて首に濡らしたタオルを巻いています。走行風で冷やされるので気持ちいいですし、首周りの日焼け防止にもなります。タオルを巻くのが恰好悪いを思われる方は、同様な機能の市販品をどうぞ。クールネックカラー等のワードで検索すればヒットしますし、昨今は暑さ対策品を売っているホームセンターやドラッグストアなら置いてあるはずです。

先日わたしは調子に乗り、ランニングシャツを濡らしてから下に着て、その上に長袖の薄手の麻のシャツを着てバイクに乗ったところ、数百メートル走った段階で、腹が冷えてヤバそうな事態となってしまいました。濡らすなら腹や胃のあたりは避けた方が賢明です。

追記:ホンダのエンジニアのOB氏に、上記ポリエチレン制のクッションを差し上げたら、気に入っていただけた。暑い日だけでなく雨の日も蒸れずに快適との事。2015.8.3

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)