8月 162015
 

c100um_1961

C100の取扱説明書におもしろい記述がある。奥付けにS36とあるので、C100が発売されてから3年後にあたる昭和36年(1961)ころの物でしょう。

それには主要諸元、各機能の使用方法、メンテナンス方法といった現在のバイクの取扱説明書と同様な内容も記載されている。もっとも当時の取扱説明書には点火時期の調整方法や、バルブクリアランスの調整方法なども載っていて時代を感じさせる。

それに加えてこの取扱説明書には「目で見る交通規則」として、様々な場面での交通規則がイラスト入りで12ページに渡って記載されていて、その中の「運転者の義務」という項目に「酔っぱらい運転の禁止」という記述があり、酔ってバイクを運転しているイラストが描かれている・・・のだが

そのイラストの下には「おかんした清酒1合以上、ビール1.4本以上」とあるのだ。
c100um_drunk

つまり酔っぱらい運転は禁止だが、日本酒なら1合以下、ビールなら1.4本以下なら飲んで運転してもかまわないという事だろう。

これを見てはじめは「のどかな時代だったんだなぁ」と思っていたが、今回これを書くにあたってすこし調べてみた。それによると現在につながる道路交通法が制定されたのは昭和35年(1960)。

その第65条には「何人も酒気を帯びて車両等を運転してはならない」とあるのだが、酒気を帯びての運転そのものを罰する規定はおかれず、処罰されるのは、酒の影響により正常な運転ができないおそれのある「酒酔い運転」だけだったのだ。

だからこの取扱説明書には「日本酒なら1合まで、ビールなら1.4本まで」なら酒酔い運転ではなく酒気帯び運転だから大丈夫と取れる記述になったのだろう。

しかし、道路交通法に「酒気を帯びて運転をしてはならない」とあるにもかかわらず、罰則が無いからといって「酒気帯び運転ならOKですよ」ただし「酒酔い運転は捕まりますよ」とメーカーが大々と公言するというのも・・・これもそうした時代だったという事なのでしょうね。

参考:酒気帯び運転に罰則が設けられたのは昭和45年(1970)だそうです。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)