9月 072015
 

手回し計算機をご存知でしょうか。機械式計算機とも言われるこの機械は、電子計算機が普及するまで様々な「計算」に使われてましたが、電子卓上計算機(電卓)の普及により昭和40年代にその役目を終え、この世から忘れ去られた機械です。

ちなみに、カシオ計算機(株)から世界初のパーソナル電卓と言われるカシオミニが発売されたのは1972(S47)年です。参考:答え一発!カシオミニ@youtube.com/ ↓

ですので、昭和40年代までにある程度複雑な計算を行う仕事に関わっていた方でしたら、「タイガー計算機」と言えば思い出される方も多いのではないでしょうか。手回し計算機のシェアの高かった「株式会社タイガー計算機」の製品が、日本では手回し計算機の代名詞になっていたそうなのです。(当方1961(S36)年生まれのため伝聞です)

DSC01633_2

これはスーパーカブが発売されたのと同じ1958(S33)年にモデルチェンジしたタイプで、それまでの黒い塗装で重厚なものから明るいグレーとなり、時代に合わせた軽快なイメージになりました。 しかし外装は真鍮板でできています。

このタイガー計算機には特別仕様の「時間計算機」というモノがあります。それは1962(S37)年に鈴鹿サーキットから「ラップタイムを簡単に算出できる計算機」のオーダーがあったため、既存の機械式計算機を改造して納入されたものです。

watanabe520time

こちらは1962(S37)年にモデルチェンジしたタイプがベースで、それまでは金属だった外装がプラスチック製になっています。ぱっと見は通常の機械と何が違うのか分かりませんが、目盛りが二桁に変えられたり、h.m.sの表示が追加されてます。

watanabe620pic

この「時間計算機」の写真は渡邉祐三氏が撮影されたもの。氏はタイガー計算機の社員だった方で、現在は機械式計算機の保存と研究を目的とした「機械式計算機の会」を主宰。また、株式会社タイガー公認のサービスショップもされている、機械式計算機の第一人者といえる方。現在東京農工大学に収蔵されているこの「時間計算機」のメンテナンスも手掛けられました。

機械式計算機の会:http://keisanki.on.coocan.jp/

そして、渡邉氏は「美 機械式計算機の世界」という書籍も出版。続けて続編、続々編と3冊出されており、昨年にはそれらの総集編ともいえる電子書籍「美 機械式計算機の世界 手回し計算機を中心として」も出されています。

この機械式計算機・・・メカ好きの方なら想像できると思いますが、内部はギアやカム、リンクなどといった機械要素のかたまりです。みなさんも一度内部をのぞいてみませんか・・・ご興味のある方はこちらもどうぞ。
タイガー手廻計算器資料館:http://www.tiger-inc.co.jp/temawashi/temawashi.html

【追記】わたしも戦前モノから最終型まで何台か持っていますので、実物をご覧になりたい方や実際に計算をしてみたい方、内部の構造を見てみたい方はおっしゃってください。2015.09.08

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)