9月 162015
 

クリステンセンのイノベーションのジレンマを読んだら『ホンダの北米オートバイ業界への進出について』という項目で、スーパーカブが取り上げられていた。

IMG_1180

ホンダは1959年に「アメリカン・ホンダ・モーター」を設立し、北米での2輪販売をスタート。スポーツバイクの販売を始めたが「ハーレーダビッドソン」などとの競争は厳しく、また、現地ではバイク自体にアウトローというイメージがあった為に新規参入の壁は厚かった。

そこでホンダは別のアプローチで市場参入を試みた。当時は大型のスポーツバイクしか普及していない北米に「スーパーカブ」を投入し、一般の消費者に新しい乗り物として売り込むことにしたのだ。

この施策は成功し、北米に新たなバイク市場を創出。これまで存在しなかった交通手段やレジャーを創りだす事となったという様なもの。

パワーやスピードを向上させてきた大型バイクは、持続的技術のイノベーションであり、大型バイクのメーカーはそれにより成長してきた。

そこにホンダは「馬力もなくスピードも出ないが、安価な小型バイク」を持ち込んで、破壊的技術のイノベーションを起こした。

小型バイクは利益率が低く、大型バイクメーカーからすると、魅力に欠ける商品である・・・これこそが、優良企業が突き当たるジレンマの1つである。そのためハーレーは小型バイク市場に参入しなかった・・・その結果はみなが知る通り。

イノベーションにジレンマがなぜ起こるのかや、その要因はWikipediaに簡潔にまとめられている。
wikipedia.org/wiki/イノベーションにジレンマ

興味のある方は本書もご覧になってみてください。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)