2月 252016
 

24日に青山の本社で行われた、ホンダの八郷社長の記者会見で、電動二輪車のEV-CUB Conceptをベースに量産化したEV-CUBを、2年後をめどに、日本で発売すると発表。

Hondaのニュースリリース
2016年2月 社長会見 代表取締役社長 社長執行役員 八郷 隆弘 スピーチ骨子

evcubconcept
EV-Cub Concept

昨年のモーターショーでも、八郷社長は「発売を前提に開発しています」と発表していますで、今回の発表により市販化が確実になったといえるでしょう。

ところで、以前のエントリーでわたしは、Super Cub ConceptのデザインのEV-Cubがほしいと書きましたが、今回あらためて両者を見くらべてみました。

↓こちらが低燃費エンジンを搭載したSuper Cub Conceptです。
supercubconcept

こうして並べて見てみますと、両車のデザインはとても似ている事が分かります。フロント周りはハンドル、フロントフォーク、ホイール等はほぼ共通の様です。また、シートや荷台も同じモノの様です。

デザイン上のちがいは、フロントフェンダーからリアフェンダーにつながるラインが、EV-CUBの方はエッジを効かせてあるのに対し、Super Cubの方は丸みをもたせてある事でしょう。(エッジが効いている様に見えるのは色とライティングのせいで、両車は同じ形状の様にも見えます)20160301追記

なお、EV-CUBのリアホイールが片持ちで、エンジンやマフラーが見えないのは電動であるためですし、サイドカバーが無いのは始動用のバッテリーが無いためですので、機能に従ってデザインしたという事・・・

ですが・・・端正な印象のSuper Cub Conceptに対し、EV-CUBがチープに見えるのはわたしだけでしょうか。

この差はカラーリングにあるのでしょうか。マフラーやサイドカバーの有無でしょうか・・・Super Cub Conceptと見くらべていると、わたしにはEV-CUBがいわゆる「白物家電」に見えてしまうのです。白い部分が「ただのプラスチック製のカバー」にしか見えないのです。

これはわたしの様に「バイクは機能部品が見えている」のに慣れた目で見ているからなのだと思いますが、若い方はどの様に感じるのでしょう。両車とも同じようにカッコ良く見えるのでしょうか。

・・・2年後は「電動だから」ではなく、「カッコいいから」乗りたい「カッコいいから」ほしい、EV-Cubとなってデビューしていただきたいモノです。

追記:今回の記者会見の模様がYouTubeにUpされました。2016/02/25
https://www.youtube.com/watch?v=7CgFIy3wreI&feature=youtu.be

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)