3月 012016
 

荻窪圭さんのblog「混沌の屋形風呂」で紹介されていたベルボンの自撮り棒[CVSS-6]を購入。THETAで使用すると角度調整のレバーが写り込んでしまうので、荻窪さんはレバーを削ったそうですが、レバーの取付方法を見ると小さなネジで軸に固定する構造です。このネジを緩めてレバーを外すと、レバーは軸に切られたセレーションにはめられています。これを『レバーを締めた時に下を向く位置』にはめ直せばレバーがほとんど写らない様にできます。レバーを固定しているネジを緩めるには2ミリの六角レンチが必要ですが、すこし大きな100円ショップなら入手できるでしょう。
DSC_0194

この自撮り棒をTHETA専用にするのであれば、角度の調整は不要ですので、レバーを外してしまっても良いでしょう。わたしはこの様に軸を普通のネジに換えてしまいました。これなら何も映り込まなくなります。
DSC_0190

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)