C100の外装

 

C100を永く楽しむために

樹脂パーツ

ゴム、プラスチック類の劣化も進んでいます。特に注意したいのはプラスチックの劣化。レッグシールド等、劣化したプラスチック部品はちょっとした衝撃で割れてしまうことがありますので、取り扱いには現在のカブよりも多少気を遣ってやりたいところ。これらの部品は金属製の部品よりも再生がムズカシイので気を付けてください。特に気温の低い冬場は要注意です。

もし割れてしまったらベトナムのヒトを見習ってハンダゴテあたりを使って直してみますか。現在は樹脂パーツ用のプライマー(密着剤)や塗膜を柔軟にするソフトナーもありますので、以前に以前に比べれば塗装も容易になっている様です。なお、普通のハンダゴテは温度が高くなりすぎて、樹脂を変色させてしまいますので、補修には温度調整のできる物が良いと思います。

マフラー

これがダメなためC100に乗れないオーナーの方も少なくないのでは。C100のマフラーは錆びやすいですからね。マフラーは直すより新しいモノを手に入れた方がてっとり早いので、お金に余裕がある方は新品を手に入れてください。しかし、ホンダから供給されなくなってからは、市中での価格は高騰気味。私も以前に20本ほどまとめて入手したのですが、友人に分けたりして今は自分の分しか無くなってしまいました。

あと、先日C100を愛好する大先輩から、マフラーを永く保たせる方法を教えてもらいました。その方はオイル交換の際にはマフラーを外し、廃油をマフラー内に行き渡らせてから捨てているそうです。マフラーがダメになる原因の大半は内部に発生する水ですので、この作業でマフラーの寿命は大きく延びるとの事。私も実践するつもりです。また、センタースタンドを跳ね上げるとマフラーに衝撃が伝わりますので、こうした事にも気をつかうと寿命を延ばすことができるでしょう。

2000-02-01作成、2002-11-29改訂

C100 Top / 乗り方 / 車体 / エンジン / 電装 / 外装 / 部品 / 資料 / その他 / 生産台数 / C100の仲間 / ホンダ100株会

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)