3月 122013
 

Canon S95ではなかなかフォーカスが合わないので、S95より重いですがNokon1 J2で試してみました。J2はインターバル機能を持っているのですが、2秒間隔にするとNGとなってしまいます。4秒間隔ならOKですがこれでは間隔が空きすぎです。仕方ないので赤外線リモコンで手動撮影。これだと2秒程度の間隔でも撮影できましたが、カメラの赤外線受光部と、撮影確認のLEDが共にレンズの陰になってしまい、ちゃんと撮れているのかが分かりません。それに重いカメラを保持しつつリモコンを操作するのは結構つらいです。もちろんカブ(犬)のリードも持たなくてはなりません。

DSC_0092_2

という事でスイッチサイエンスのマルチインターバルタイマリモコンキットを入手。対応確認機種にNikon1はJ1しか載っていませんでしたが、組み立ててテストしたところJ2でも作動しました。

DSC_0094_2

リモコンはハンドルの近くに取り付け、赤外線LEDは配線を延長してカメラの受光部のところに設置。2秒間隔で撮影したところCanon S95よりもフォーカスが合う様になりました。

DSC_3774_2
DSC_3783_2
DSC_3902_2

しかし、1メートル近いシャフトの先端にカメラを取り付けて持ち歩くのはキツイです。かといって体で支えられる様にするのは大げさですし・・・これは筋トレだと思うべきでしょうか。(車輪を付けてカメラドリーの様にする事も考えましたが、振動吸収しないとブレるでしょう・・・カメラのブレ防止機能で吸収できるでしょうか?いずれにせよこれも結構大げさで怪しい姿になりそうです)妻には「カブを連れないでこんなの持って歩いたら通報されるよ」と言われてしまいました。御尤もです。

3月 032013
 

カブ(犬)の撮影用に作ってみました。
カーボンファイバーのシャフトおよびハンドルはゴルフのクラブそのもの。

当初はアングル材でカメラを正立させていましたが、写真なら撮影後に回転させればよい事に気づきました。

シャッターはインターバル撮影機能(CHDK)で2秒ごと・・・しかしCanon S95ではなかなかフォーカスが合いません。

5月 152005
 

ボクはミニチュアシュナウザーのカブ。ブラック&シルバーの男の子で、2005年の3月7日に岡山県の高梁市で生まれました。

お母さんはブラック&シルバーのBitte(びって)。お父さんはブラックでショーチャレンジ中っていうお仕事?をしているんだって。

一緒に生まれたのはボクを含めて4匹だけど、ウチにはお母さんの他にも、大人のミニチュアシュナウザーが5匹もいてとてもにぎやかだったよ。

ボクが生まれた次の週には、一緒に住んでいるTio(ティオ)おばさんが、赤ちゃんを5匹生んだので、我が家は大人6匹、子供が9匹の合わせてえーっと・・・15匹の大家族になったんだよ。仲間もたくさんだし、ご主人のじょぶママも愛情あふれるひとだったから、とても楽しい毎日だったんだ。じょぶママのblogはこっちだよ。

ボクは生まれて2カ月ほど経った5月の15日に、岡山から飛行機に乗って東京に来ました。今は江東区っていうところの集合住宅の6階で、かっちゃんとまーちゃんと住んでます。

えっと、カブ(Cub)っていうのは獣(けもの)の子供のことなんだけど、ボクの名前は新聞配達やおそば屋さんとかが使っているバイクの、スーパーカブからとったんだって。かっちゃんはスーパーカブが好きなんだってさ。

ふたりとも仔犬を飼うのははじめてらしく、ウチには育て方の本とか、しつけの本が何冊もあるんだよ。ボクもちょっと不安だけど・・・がんばってちゃんと育ててね。そうそう、もしも不安なことや分からないことがあったら、じょぶママに聞くといいよ。

ボクがよく散歩に連れてってもらうのは、木場公園や隅田川テラス、それに清澄公園とかだよ。かっちゃんとまーちゃんは、ボクをいろんなとこに連れて行ってくれるんだって。楽しみだなぁ。みんなボクとどこかで会ったら遊んでね。

あとね、ボクはここで日記をつけているんだ。よかったら見てください。じゃあね。

Illustration by 豆大福@BazzBeat

2008-05-03改訂