2月 072016
 

近ごろはあまり聞きませんが、患者の体内に手術道具を忘れて閉じ(縫合)してしまったなどという事故の話を聞いたことがあります。そこまでの事故ではありませんが、ウチのカブ(飼犬)は昨年、動物病院で鎮静剤を使った歯石除去手術を行ったのですが、翌日散歩中にしたウ○コから手術で使った綿(わた)が出てきた事がありました。

いずれも使った物を取り出し忘れた事によるものですが、機械の整備でも同様な事例が生じる事があります。そして、こうした事故をもっとも恐れているのが航空宇宙産業です。エンジンの整備で工具を中に置き忘れて事故を起こす・・・あってはならない事ですからね。

SnaponFOD

こうした事故をFOD(Foreign Object Damage):異物損傷と言い、その防止はあらゆる産業で不可欠ですが、FODへの対策はどの様な方法で行われているのでしょう。

こちらは以前に紹介したISS(国際宇宙ステーション)の工具箱です。

isstoolbox1

www.flickr.com/photos/ISS Toolbox

航空宇宙産業ではこの様に、引き出しの中に工具の形状にカットしたスポンジやウレタンフォームを入れ、整備の終了時に戻し忘れが無いかを確認する事で、工具の戻し忘れを防止しています。

しかし、人の目視による確認作業ですから『絶対にミスが無い』とは言い切れません・・・という事への対策がSnap-onのLevel 5 ATC(Automated Tool Control)システムです。

Level5ATC

工具箱の中をカメラで監視し、すべての工具が揃った状態の画像と比較する事で、戻し忘れを防止するシステムです。何をどこに置いたかを登録する事で『何が戻されていないか』まで表示する事ができます。下はYouTubeの紹介映像です。

もちろんセキュリティ対策も兼ねており、ツールボックスはIDカードで開錠しますので『誰が使ったか』や『誰が何を戻し忘れたか』も分かる様になっています。

このSnap-on Level 5 ATCシステムのツールボックスが日本にも届きましたので、触ってみましたが、工具を取り出して引き出しを閉めると『Isuued One!』、工具を元に戻して引き出しを閉めると『Returned One!』とツールボックスがしゃべります。

はじめは面白がっていましたが、使っているうちにイラッとしてきました。機械に監視されている感があるのです。これは使用者が好みの声を選べる様になると解決するでしょうね。日本仕様は女優やアニメのキャラクターでしょう。

・・・と書きながら54歳のおっさんがはじめに思い浮かべたのは『うる星やつら』『ラムちゃん』でした。

RumChan

1月 052016
 

youcub

【1ヶ月間カブで日本を大冒険!】
アメリカ人のネイサンさんは「スーパーカブ」が大好きで、6年前にアメリカで購入して以来、これまでに3台乗り継いできた。そして日本にも興味を持ち初来日。ネットで見つけていたバイクショップで新型の「スーパーカブ」をレンタルし30日かけて日本を旅する・・・という話で、今回は山梨から和歌山までの旅を追いかけた。

その後も追いかけるそうですので、興味のある方はチェックしてみてください。毎週月曜18時57分から放送されています。

Youは何しに日本へ?:テレビ東京

12月 262015
 

barasu

「ばら・す」先日ホンダの広報の高山さんに教えていただいた番組です。だいぶ前にCSで放送されていた番組ですがDVD化されているとの事でしたので早速入手しました。

「ばら・す」は回ごとに、ばらし人と呼ばれる人を呼び、ある物の中身を見る番組である。ただ中身を見せるだけでなく、その部品の役割を説明するなど、構造面も重視している。

この番組にスーパーカブが登場=バラされたワケです。番組はタイトル通りスーパーカブを分解するのですが、教育番組的なメカニズムの説明や、街中で働く様子なども織り込まれていて、60分近い長さですが飽きさせません。すこし修正すれば教育テレビ(ETV)の番組としても通用するレベルです。実際、このシリーズの田植機をバラす回が全日本テレビ番組製作社連盟のATP賞優秀賞を受賞しています。

高山さんには番組製作の経緯や撮影時の裏話などもうかがいましたので、さらに楽しく観る事ができました。このDVDにはさきほど書きました田植機をバラす回も収録されていてこちらも面白かったです。(こちらの方がはじめて知る事や関心する事が多かった)おともだちにはお貸ししますのでどうぞ。

ばら・す@Wikipedia
ばら・す放送一覧@フジテレビ・ワンツーネクスト

10月 282015
 

東京モーターショー2015のホンダのコンセプトモデルでもうひとつ「ほしい」と思えるモノがありました。E500 Prototypeです。

e500prototype

1965(S40)年に発売された発電機、E300を模したデザインで、燃料キャップまで付いていますが、発電機ではなくポータブル電源です。デザインはE300ですが、サイズはホンダがソニーのマイクロテレビ用に開発したE40の様な小ささです。

1965e300
1965 E300 100V/300W 55.4cc


1964 E40 100V/40W 21.2cc

これは「屋外で電気を使いたいけれど、発電機は大げさだしうるさい」という方(わたし)の待っていたモノです。通常、車の中でバッテリー上がりを心配せずに電気を使うには、ディープサイクルバッテリーとアイソレーターを設置する必要がありますが、このE500はその代わりを果たしてくれそう。

ただ、出力端子が交流100ボルトとUSB(5V)というのは解せません。なぜ直流12ボルトが無いのでしょう。これがあった方が用途は広がると思いませんか?中身はリチウム電池でしょうから直流ですし・・・

そこで気になるのが充電です。充電は交流100ボルトからなのでしょうか、直流12ボルトはどうなのでしょう。ホンダの製品なのですから車で使う事も考慮してもらいたいものです。

あと、2017年に発売予定との事ですが、これを見て同じ様なモノを先に発売するメーカーが出て来る様な気がします。

・・・しかし蓄電機って何ともクラシカルな呼称ですよね。ポータブル電源やモバイルバッテリーではダメなのでしょうか。発電機を模して造られたから蓄電機なのかしら。

Link:東京モーターショー2015を彩るコンセプトモデルたち

10月 282015
 

今回の東京モーターショーでホンダはSuper Cub ConceptとEV-Cub Conceptを発表しましたね。

evcubconcept
EV-Cub Conceptは近距離移動用という位置付けですが、バッテリーが着脱可能という事ですので、複数のバッテリーで運用して航続距離を伸ばす事もできるのではないでしょうか。また、充電器を内蔵している様ですので、出掛けた先でも充電できるインフラがほしいですね。携帯電話の有料充電器の様に、ショッピングセンターやホンダの販売店などに電気の自動販売機が有ったら便利ではないでしょうか。

supercubconcept
一方のSuper Cub Conceptは、低燃費エンジンを搭載してEV-Cubよりも航続距離の長い使い方という位置付けです。しかし今回のモデルの特徴は何と言っても『デザイン』でしょう。わたしが以前に「Vespa 946の様なカブがほしい」と書いたモノがこれです。C100の様な小さく少し華奢なカンジと、赤いシートと水色のレッグシールドには私の様なオジサンも萌えます(苦笑)・・・でも似合うの女性でしょうね。

モーターショーの挨拶では、ホンダの八郷社長がこの2台を「発売を前提に開発しています」と発表しましたので、 市販化が期待されます・・・が、わたしはSuper Cub ConceptのデザインのEV-Cubがあったらなぁ・・・などと思ってしまいました。

Link:東京モーターショー2015を彩るコンセプトモデルたち

10月 242015
 

DSC_1968_2
ホンダウェルカムプラザで行われたカフェカブミーティングの会場に、自転車用エンジンのF型カブが展示されていました。「現物を通じて、ホンダの原点のこころを伝える展示」という「Honda原点ライブラリー」という企画の一環の様です。

DSC01642
配布していたフライヤー。内容をPDFファイルにしましたのでご興味のある方はご覧ください。→1952FCub_20151023.pdf

10月 082015
 

以前に「差込角7.1mmのソケットレンチ」というタイトルで、差込角が9/32インチ(7.1mm)のソケットレンチが存在したエントリーを書いたが、Snap-onには2000年頃まで差込角が1/8インチ(3.2mm)という規格も存在した。これだけ小さなサイズなので、供給されていたソケットのサイズも3/32インチ,1/8インチ,5/32インチ,3/16インチという小さいもの。メトリックに換算すると2.4mm,3.2mm,4mm,4.8mmとなります。

snapon8div1

9月 162015
 

クリステンセンのイノベーションのジレンマを読んだら『ホンダの北米オートバイ業界への進出について』という項目で、スーパーカブが取り上げられていた。

IMG_1180

ホンダは1959年に「アメリカン・ホンダ・モーター」を設立し、北米での2輪販売をスタート。スポーツバイクの販売を始めたが「ハーレーダビッドソン」などとの競争は厳しく、また、現地ではバイク自体にアウトローというイメージがあった為に新規参入の壁は厚かった。

そこでホンダは別のアプローチで市場参入を試みた。当時は大型のスポーツバイクしか普及していない北米に「スーパーカブ」を投入し、一般の消費者に新しい乗り物として売り込むことにしたのだ。

この施策は成功し、北米に新たなバイク市場を創出。これまで存在しなかった交通手段やレジャーを創りだす事となったという様なもの。

パワーやスピードを向上させてきた大型バイクは、持続的技術のイノベーションであり、大型バイクのメーカーはそれにより成長してきた。

そこにホンダは「馬力もなくスピードも出ないが、安価な小型バイク」を持ち込んで、破壊的技術のイノベーションを起こした。

小型バイクは利益率が低く、大型バイクメーカーからすると、魅力に欠ける商品である・・・これこそが、優良企業が突き当たるジレンマの1つである。そのためハーレーは小型バイク市場に参入しなかった・・・その結果はみなが知る通り。

イノベーションにジレンマがなぜ起こるのかや、その要因はWikipediaに簡潔にまとめられている。
wikipedia.org/wiki/イノベーションにジレンマ

興味のある方は本書もご覧になってみてください。

9月 072015
 

手回し計算機をご存知でしょうか。機械式計算機とも言われるこの機械は、電子計算機が普及するまで様々な「計算」に使われてましたが、電子卓上計算機(電卓)の普及により昭和40年代にその役目を終え、この世から忘れ去られた機械です。

ちなみに、カシオ計算機(株)から世界初のパーソナル電卓と言われるカシオミニが発売されたのは1972(S47)年です。参考:答え一発!カシオミニ@youtube.com/ ↓

ですので、昭和40年代までにある程度複雑な計算を行う仕事に関わっていた方でしたら、「タイガー計算機」と言えば思い出される方も多いのではないでしょうか。手回し計算機のシェアの高かった「株式会社タイガー計算機」の製品が、日本では手回し計算機の代名詞になっていたそうなのです。(当方1961(S36)年生まれのため伝聞です)

DSC01633_2

これはスーパーカブが発売されたのと同じ1958(S33)年にモデルチェンジしたタイプで、それまでの黒い塗装で重厚なものから明るいグレーとなり、時代に合わせた軽快なイメージになりました。 しかし外装は真鍮板でできています。

このタイガー計算機には特別仕様の「時間計算機」というモノがあります。それは1962(S37)年に鈴鹿サーキットから「ラップタイムを簡単に算出できる計算機」のオーダーがあったため、既存の機械式計算機を改造して納入されたものです。

watanabe520time

こちらは1962(S37)年にモデルチェンジしたタイプがベースで、それまでは金属だった外装がプラスチック製になっています。ぱっと見は通常の機械と何が違うのか分かりませんが、目盛りが二桁に変えられたり、h.m.sの表示が追加されてます。

watanabe620pic

この「時間計算機」の写真は渡邉祐三氏が撮影されたもの。氏はタイガー計算機の社員だった方で、現在は機械式計算機の保存と研究を目的とした「機械式計算機の会」を主宰。また、株式会社タイガー公認のサービスショップもされている、機械式計算機の第一人者といえる方。現在東京農工大学に収蔵されているこの「時間計算機」のメンテナンスも手掛けられました。

機械式計算機の会:http://keisanki.on.coocan.jp/

そして、渡邉氏は「美 機械式計算機の世界」という書籍も出版。続けて続編、続々編と3冊出されており、昨年にはそれらの総集編ともいえる電子書籍「美 機械式計算機の世界 手回し計算機を中心として」も出されています。

この機械式計算機・・・メカ好きの方なら想像できると思いますが、内部はギアやカム、リンクなどといった機械要素のかたまりです。みなさんも一度内部をのぞいてみませんか・・・ご興味のある方はこちらもどうぞ。
タイガー手廻計算器資料館:http://www.tiger-inc.co.jp/temawashi/temawashi.html

【追記】わたしも戦前モノから最終型まで何台か持っていますので、実物をご覧になりたい方や実際に計算をしてみたい方、内部の構造を見てみたい方はおっしゃってください。2015.09.08

8月 272015
 

ジオラマにベスパとC100が使われています。

araki_vespa4.jpg

C100の後部のアップ・・・なかなか精巧ですね。

araki_c100_1

しかし、これらの写真では大きさが分かりませんので・・・

こちらをご覧ください。

araki_c100_2.jpg

これです・・・凄い!・・・ スケールは1/35だそうです。

作者は情景師アラーキーこと荒木智さん。この本『凄い!ジオラマ』で見つけました。

araki_book.jpg

荒木さんはblogもされています。情景師・アラーキーのジオラマでショー「廃車バイクの王道!それはカブ」
日刊SPA!の紹介記事 思わずノスタルジックに!細かすぎるジオラマ
日経BPのインタビュー記事「情景師アラーキー」こと荒木智氏に聞く【前編】同【後編】


●写真の使用をご快諾いただいた荒木様に感謝します。

8月 162015
 

c100um_1961

C100の取扱説明書におもしろい記述がある。奥付けにS36とあるので、C100が発売されてから3年後にあたる昭和36年(1961)ころの物でしょう。

それには主要諸元、各機能の使用方法、メンテナンス方法といった現在のバイクの取扱説明書と同様な内容も記載されている。もっとも当時の取扱説明書には点火時期の調整方法や、バルブクリアランスの調整方法なども載っていて時代を感じさせる。

それに加えてこの取扱説明書には「目で見る交通規則」として、様々な場面での交通規則がイラスト入りで12ページに渡って記載されていて、その中の「運転者の義務」という項目に「酔っぱらい運転の禁止」という記述があり、酔ってバイクを運転しているイラストが描かれている・・・のだが

そのイラストの下には「おかんした清酒1合以上、ビール1.4本以上」とあるのだ。
c100um_drunk

つまり酔っぱらい運転は禁止だが、日本酒なら1合以下、ビールなら1.4本以下なら飲んで運転してもかまわないという事だろう。

これを見てはじめは「のどかな時代だったんだなぁ」と思っていたが、今回これを書くにあたってすこし調べてみた。それによると現在につながる道路交通法が制定されたのは昭和35年(1960)。

その第65条には「何人も酒気を帯びて車両等を運転してはならない」とあるのだが、酒気を帯びての運転そのものを罰する規定はおかれず、処罰されるのは、酒の影響により正常な運転ができないおそれのある「酒酔い運転」だけだったのだ。

だからこの取扱説明書には「日本酒なら1合まで、ビールなら1.4本まで」なら酒酔い運転ではなく酒気帯び運転だから大丈夫と取れる記述になったのだろう。

しかし、道路交通法に「酒気を帯びて運転をしてはならない」とあるにもかかわらず、罰則が無いからといって「酒気帯び運転ならOKですよ」ただし「酒酔い運転は捕まりますよ」とメーカーが大々と公言するというのも・・・これもそうした時代だったという事なのでしょうね。

参考:酒気帯び運転に罰則が設けられたのは昭和45年(1970)だそうです。

8月 012015
 

DSC01565

ホンダ100株会の墓参ミーティングは今年で22回目=22年目。今年は本田宗一郎の命日である8月5日の4日前、1日の土曜日に行いました。今回も天気は上々・・・というより良すぎ・・・気温などは東京よりも低くて楽ですが、標高が高いぶん日差しは強烈でした。

DSC01513_2

行程は前回同様、道の駅すばしりに集まり、そこから本田宗一郎の眠る富士霊園までショートツーリングを兼ねて8キロほどを移動。墓参後はふたたび7キロほど移動し某公園で昼食と歓談です。

DSC01515_2

昼食と歓談は林の木陰の下・・・風が通って快適でした。

DSC01523

今回の目玉は初参加いただいた竹下さんのジュノオでした。1954年のK型です。集合場所ではわたしの持ち込んだ1959年のC100を取り囲んで歓談していたのですが、小型トラックに載せられたジュノオが現れた途端、C100のまわりは誰もいなくなりました。

DSC01538_2

外観はツインリンクもてぎにあるコレクションホールで見る事ができますが、内部を見る機会はそうはありません。ジュノオK型はE型のエンジンを流用していますので、オートバイであるドリームやベンリイのE型にカバーをかぶせてスクーターに仕立てたのがジュノオだとも言われますが、内部を見ればエンジン以外はすべてが専用設計だろうという感じです。

20150801_5

今回も記念撮影をして解散・・・のはずでしたが、静岡から初参加の河澄さんからいただいたスケールモデルを囲んでのじゃんけん大会。最後まで盛り上がりました。みなさまお暑い中をご参加いただき、ありがとうございました。

●当日撮影したその他の写真はこちらです→ googleフォト/スギヤマカブヒサ/20150801/
※閲覧やダウンロードできない場合はご連絡ください。