8月 162015
 

c100um_1961

C100の取扱説明書におもしろい記述がある。奥付けにS36とあるので、C100が発売されてから3年後にあたる昭和36年(1961)ころの物でしょう。

それには主要諸元、各機能の使用方法、メンテナンス方法といった現在のバイクの取扱説明書と同様な内容も記載されている。もっとも当時の取扱説明書には点火時期の調整方法や、バルブクリアランスの調整方法なども載っていて時代を感じさせる。

それに加えてこの取扱説明書には「目で見る交通規則」として、様々な場面での交通規則がイラスト入りで12ページに渡って記載されていて、その中の「運転者の義務」という項目に「酔っぱらい運転の禁止」という記述があり、酔ってバイクを運転しているイラストが描かれている・・・のだが

そのイラストの下には「おかんした清酒1合以上、ビール1.4本以上」とあるのだ。
c100um_drunk

つまり酔っぱらい運転は禁止だが、日本酒なら1合以下、ビールなら1.4本以下なら飲んで運転してもかまわないという事だろう。

これを見てはじめは「のどかな時代だったんだなぁ」と思っていたが、今回これを書くにあたってすこし調べてみた。それによると現在につながる道路交通法が制定されたのは昭和35年(1960)。

その第65条には「何人も酒気を帯びて車両等を運転してはならない」とあるのだが、酒気を帯びての運転そのものを罰する規定はおかれず、処罰されるのは、酒の影響により正常な運転ができないおそれのある「酒酔い運転」だけだったのだ。

だからこの取扱説明書には「日本酒なら1合まで、ビールなら1.4本まで」なら酒酔い運転ではなく酒気帯び運転だから大丈夫と取れる記述になったのだろう。

しかし、道路交通法に「酒気を帯びて運転をしてはならない」とあるにもかかわらず、罰則が無いからといって「酒気帯び運転ならOKですよ」ただし「酒酔い運転は捕まりますよ」とメーカーが大々と公言するというのも・・・これもそうした時代だったという事なのでしょうね。

参考:酒気帯び運転に罰則が設けられたのは昭和45年(1970)だそうです。

1月 232015
 

bmc201501_421

2015 JANUARY No.421主要目次
 Honda スーパーカブ趣味読本
 第2世代OHCカブの半世紀を振り返る
 スーパーカブ小話8題
 歴代OHCカブ乗り比べ(65、70、90、100)&現行50&110再試乗
 スーパーカブ立体商標登録とは?
 激走クロスカブ・日の出日の入りツーリング参戦?記
 仰天カブ趣味人図鑑
 2014カフェカブミーティングに集う異色の人
 キタコ・カブカスタム&横山輪業タンデムクロスカブ紹介
 スーパーカブ趣味読本・第2幕
    C50試乗記再録~’66年7月号モーターサイクリストから~
    OHCカブデザインの変遷・宮智英之助さんの回顧禄
    自動遠心クラッチのすごさに迫る
    OHVカブ12V化奮闘記
    クロスカブ誕生秘話とスーパーカブの未来をホンダ今田典博さんに聞く

11月 032014
 

1
ライト等のフロントマスクを変えないでテレスコピック化しています。見た目の変化は少ないですが素人レベルではできない改造です。キット化すれば売れるのではないでしょうか。

2
湘南カブキチクラブの皆さんは希少な59年を並べていました。お話ししたかったのですがお会いできませんでした。

3
きれいにレストアされたC90ですが・・・

4
レッグシールド上のタンクはベルギーホンダで造られていたスーパーカブがベースのモペッド、C310の物の様です。どこから入手されたのでしょうか。

5
タンデムでご参加の自衛隊仕様車。硬派な雰囲気ですがご夫婦のファッションもバッチリで楽しそうでした。ヒトヨンシキで検索するとblogが見られます。

6
スーパーカブならぬスーパーキャット。荷台のキャリーは空でしたがネコちゃんも連れてきたのでしょうか。レッグシールドの肉球はシールでなく穴あけ加工。ウインドシールドの上端もネコのシルエットに加工するなど凝っています。

7
今年もいらっしゃった台湾の陳怡斌さん。台湾のカブ界の重鎮です。
www.facebook.com/SuperCub.tw

9月 042014
 

showa_1

毎週水曜日の20時からBSジャパンで放送されている「昭和は輝いていた」という番組。内容はタイトルが示す通りの昭和へのノスタルジー番組です。来週の9月10日はスーパーカブ。番組では100株会の朝倉さんのC100での走行シーンや、わたしがベトナムで撮った写真も使われると思います。

20140904showa

9月 022014
 

毎週火曜日の23時からNHK Eテレで放送されている「先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)」で、今週と来週の2度に渡って本田宗一郎が取り上げられます。今回の前編のタイトルは「最強のチームを作るには?」で、ゲストは4代目社長の川本信彦さん。

20140902chieizu

・・・石橋はたたかず渡れ!・・・面白そうです。

20140902chieizu2

後編は9月9日の23時から「人がほれ込むリーダーとは」というタイトルで放送されます。なお、この日の17時30分5時30分から前編が再放送されます。

先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)

仕事で悩んだり、壁にぶつかったり。そんな皆さんに大きなヒントをくれるのが、歴史上の人物の様々な知恵です。苦手な上司への対処法から、部下を上手に指導するコツ、そして新規プロジェクト成功の秘訣まで。当店「知恵泉」では、明日からの人生に役立つ知恵をたっぷりとご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

8月 212014
 

毎日暑いですね。でも、バイクで走っていれば風が当たるので汗だくになる様な事はありません。しかし、お尻はいかがですか。シートに通気性が無いので蒸れて気持ち悪くありませんか。直射日光に晒されて熱くなったシートだとなおさらです。

スーパーカブには良いモノがあります。
20140821-0
スーパーカブ クールメッシュシートカバー@東京堂 http://www.webike.net/sd/20531560/
立体メッシュのシートカバーです。シートとお尻の間に空間ができ、通気性が確保されるというワケです。

ただ、私は他のバイクも持っていますので、代わりになるモノを探して見つけました。自動車の夏用の座布団です。これは通気性を第一に考えて作られていますので蒸れません。しかし、そのままバイクに使うと厚みがある上、シートやお尻へのフィット感がイマイチです。

20140821-1

そこで・・・バラしてみました。中身はポリエチレン製の立体構造のクッションが2枚合わせになっています。これを1枚使えば厚さは半分になり、フィット感も良くなります。

20140821-2

こちらが元のクッションの座面となる方ですが、こちらに座るとクッションがつぶれてしまいます。

20140821-3

こちらが裏面。こちら側に座る方が面圧が分散されて空間が確保されます。

20140821-4

使用するとお尻の蒸れは劇的に解消します。走行風がお尻の下を流れるので涼しく感じるほど。いちど使えばもう手放せません。課題はシートへの固定方法ですが、ヒモ等を使えば何とかなるでしょう。わたしは固定せずに使っています。

ツーリングの際は、これに加えて首に濡らしたタオルを巻いています。走行風で冷やされるので気持ちいいですし、首周りの日焼け防止にもなります。タオルを巻くのが恰好悪いを思われる方は、同様な機能の市販品をどうぞ。クールネックカラー等のワードで検索すればヒットしますし、昨今は暑さ対策品を売っているホームセンターやドラッグストアなら置いてあるはずです。

先日わたしは調子に乗り、ランニングシャツを濡らしてから下に着て、その上に長袖の薄手の麻のシャツを着てバイクに乗ったところ、数百メートル走った段階で、腹が冷えてヤバそうな事態となってしまいました。濡らすなら腹や胃のあたりは避けた方が賢明です。

追記:ホンダのエンジニアのOB氏に、上記ポリエチレン制のクッションを差し上げたら、気に入っていただけた。暑い日だけでなく雨の日も蒸れずに快適との事。2015.8.3

8月 132014
 

先日の本田宗一郎の墓参ミーティングで見せていただいたソノシート。The Beach BoysのLittle Hondaは有名ですが、日本語版の方は聴いた事がありません。もし、このソノシートをお借りできたとしても、聴くためにはレコードプレーヤーを用意しなくてはなりません・・・わたしの知り合いでアナログレコード趣味の方は・・・思い浮かびません。

ところが・・・検索してみるものです。YouTubeにありました。

本家のLittle Hondaと違って、日本語版は自動車をモチーフにしているのが、ちと残念ですが・・・
(The Beach BoysのLittle Hondaに出てくるHONDAはスーパーカブの事です。後年に発売されたリトルホンダ:PC25やPC50ではありません。念為)

littlehonda_j

5月 282014
 

2040529_1

スーパーカブが特許庁から立体商標として認められたそうです。バイクはもとより、乗り物の形状が立体商標登録されるのは日本ではじめてとの事。

プレスリリース:「スーパーカブ」の形状が日本で立体商標登録認可 ~乗り物として初の快挙達成~」

立体商標(りったいしょうひょう)とは、立体的な形状からなる商標をいう。立体商標は、商品や商品の包装そのものの形状としたり、役務(サービス)を提供するための店舗や設備に設置することにより使用され、商品や役務の提供元を需要者に伝達し、他者が提供するそれらと区別するための標識としての機能を果たす(出所表示機能、自他商品識別機能)。立体商標と区別して、平面的な商標を「平面商標」とよぶことがある。

Wikipediaより

・・・何やら分かりにくいが、不二家のペコちゃん・ポコちゃん人形やKFCのカーネル・サンダースの立像、かに道楽の動くかにの看板などが立体商標だそうだ。

プレスリリースによると

1958年の生誕から50年以上の間、機能的な向上を図りつつも、一貫したデザインコンセプトを守り続けた結果として、デザインを見ただけでお客様にHondaの商品であると認識されるようになったことが特許庁の審査で認められ、立体商標登録に至りました。

・・・との事だが「デザインを見ただけでお客様にHondaの商品であると認識されるようになった」のは、実際にはC100が発売された1958年から数年の間だけだろう。

C100の爆発的な人気により、多くの競合メーカーがスーパーカブのデザインを真似た車両を売り出した事は、カブ好きなら誰もが知っている事だ。

スーパーカブの普及により、バイクに詳しくない人は「バーディ」や「メイト」を指して、スズキの「カブ」やヤマハの「カブ」と呼んだものである。

「デザインを見ただけでHondaの商品であると認識されるようになった」のは発売当初だけで、類似品が出た後は

「スーパーカブの様なバイクはスーパーカブであると“誤って”認識されるようになった」

というのが事実だろう。

いずれにせよ、爆発的な売り上げや類似品の氾濫、そしてカブの一般名称化は初代のスーパーカブ、C100のコンセプトとデザインが如何に優れていたかという事である。

C100のコンセプトは本田宗一郎が、そしてデザインは木村譲三郎氏がまとめたモノ。その木村譲三郎氏は本年の2月に他界されました。

「木村さん、素晴らしい乗り物をありがとうございます」
9月 232013
 

100株会が20周年を迎えたのを記念して、ツインリンクもてぎへのバスツアーを企画しました。当初は16日(敬老の日)を予定していたのですが、台風18号のため翌週23日(秋分の日)に延期。そのため参加できなくなってしまった方々もいらっしゃり、少々残念ではありましたが、少人数ゆえの密度の濃いコミュニケーションができました。

20130923_2

今回ゲストとしてご参加いただいた方々は、1950年代から60年代にホンダに入社されたOB氏。どなたも市販車やレース車両の設計や試作等で活躍されてきた方々です。本日はこうした方々と一緒にコレクションホールの見学です。

20130923_5

コレクションホールには、係員の説明を受けながら見学するガイドツアーもありますが、こちらの方の内容の濃さは比較になりません。それはそうです。「これ(このバイク)のここは私が設計した」とか、それにまつわる当時のエピソードが盛りだくさんなのですから。

20130923_1

関心は展示車用にとどまりません。当時の写真があれば「これは荒川のテストコースで、こちらは○○さんでこちらは○○さん」とか。「これは大和工場で、この○○さんは今どうしている」といった感じです。

20130923_4

当時の話にはここに書けない「エピソード」や「噂の真相」も盛りだくさん・・・昨今の「コンプライアンス」や「企業倫理」とは縁遠い、おおらかな時代のお話です。わたしには「生まれ変われるならこの時代を生きてみたい」と感じさせる、すばらしいお話ばかりでした。

20130923_3

9月 222013
 

日経ビジネスオンラインの3代目「フィット」の記事です。キーワードは「現地化」と「量」。ホンダはフィットを「日本で売るクルマ」からスーパーカブのような、「世界中で生活の足として使われるクルマ」に変えようとしているとの内容。
記事は無料の会員登録で読めると思います。http://nkbp.jp/17GaJTH

20130923