3月 221999
 

先月、友人のオカダさんと互いのヨメさん、計4名でベトナムに行ってきました。旅の目的はベトナム料理とカブ。食い物の方はともかく、ダンナのカブ趣味にまで付き合わされるヨメさんは大変です(苦笑) 今回訪問したのはベトナムの商業の中心であるサイゴン(ホーチミン)カブの聖地は日本のハズなのですが、果たしてカブのメッカは何処なのかわからなくなりました。

とにかく多いカブ
多い。とにかく多い。数え切れないほど多い。滅茶苦茶多い。中国の自転車より?多い。夜、サイゴンのタン・ソン・ニャット空港に到着し、中心街へ移動するバスの車窓からでもカブの多さは十分にわかりました。「ラッシュ時のサイゴンの道路をどれくらいの密度でHONDAが走っているのかというと、マラソンのスタートシーンを思い浮かべていただいてランナーを全部HONDAに置き換えてもらうと分かりやすいでしょう。」©オカダシゲル氏…..って具合。サイゴンの通りでは自動車や自転車より圧倒的にオートバイが多い。そして、そのオートバイの大半がホンダのスーパーカブ。そのためベトナムではオートバイとホンダは同義語として通じるのです。

どこかの(この)サイトには「カブの密度日本一」とか云って築地の市場が紹介されていたけど、これをベトナムの人に聞かせたら、「なにーっ!築地にはカブが多いって?てやんでぇ笑わせるなョベラボーメェ! サイゴンじゃ築地で売っている魚の数くらいのカブが走ってら、こんちくしょー」って(ベトナム語で)言われるだろう状態。サイゴンの全200万世帯の約7割がオートバイを所有しその97%はホンダのスーパーカブとすると140万台のカブが走っている計算になる。(極私的推定感覚値)


月曜朝の風景

自由に走るカブ
サイゴンの交通状況を何と説明したら良いのだろう。歩道を走るわ反対車線を走るカブはいるわと、真っ先に「無秩序」という言葉が思い浮かんだのだが…決して無秩序ではない。何せ滅茶苦茶たくさんのカブが走っているのだ。決まりなんて無くても秩序は自然と出来てくる。もちろん信号もあるし警察官もいる….たしかにある程度の秩序はある。 この街の交通の流れなゆっくりとしたものである。通勤時間帯はホンダ、自転車、シクロそれに自動車が皆同じ様なスピードで一緒に流れている。上空からサイゴンの街を見たらきっと整然と流れているに違いない。けれどマクロで見ると実に皆自由に走っているのだ。何か楽しげなのである。

使わないウインカー
サイゴンのカブ乗りはウインカーを使わない。車線変更の時も右左折の時でも人は行きたい方向に勝手に向かって行く。もちろん回りの様子を目で確認してだ。急な方向転換をする時には手信号を使う人もいた。6日ほどの滞在期間中、ウインカーを使うカブはとうとう見掛けなかった。この街でカブのウインカーは単なる飾りでしかないのだろうか。

使わないミラー
ミラーも使わない。ほとんどのホンダにはミラーが付いていない。割れるともったいないから外してしまってあるのだろうか。たとえ付けていてもそれは内側に向けられている。ちゃんと付けると外側に出っ張ってぶつけて=割れてしまうという経済面と、過密なホンダの流れの中では他人のホンダに引っ掛けやすいという安全面からそうなるのだろう。という事でここではミラーは身だしなみの道具になっていた。

使いまくるホーン
ウインカーやミラーは飾りであるが、ホーンの方は重要である。サイゴンのカブ乗りは実に良くホーンを鳴らす。あんなにたくさんのカブの中でホーンを無闇やたらに鳴らしてばかりいたら誰が誰にホーンを鳴らしたのか分からないのではないだろうか。また、みなホーンに慣れているのであろうかホーンを鳴らされても平気である。鳴らす方も鳴らされる方も殺気立った雰囲気ではない。日本であれだけホーンを鳴らしたら無事に目的地には行き着けないだろう。

歩かない人たち
サイゴンのヒトは歩かない。郊外をてくてく歩いているのは観光客か貧乏人だけの様だ。とにかく歩くのは嫌いらしい。カブで行けるところならいくら近くてもカブで行く。なぜ? 歩くよりカブで移動する方が楽だからだ。だから、彼らは少しでも目的地の近くに、たとえ1センチだろうと店の近くにカブで乗り付ける。歩道の有無なんて関係ない。

駐カブ場
サイゴンの人は何処に行くにもカブを使う。しかしカブで出掛けたらカブを停めないといけない。サイゴンにも泥棒はいくらでもいる(だろう)。で、駐輪場である。カブの数が半端じゃないから駐輪場はどこにでもある。その多くは歩道である。カフェの店先あたりの歩道を勝手に仕切ってお兄ちゃんが営業している。客からバイクを預かるとシートにチョークで数字を書き、紙切れを渡していた。


駐カブ場

4人乗り
ベトナムにおいてカブは高価なモノである。未だ1人一台の時代ではなく一家に一台の存在の様だ。1人で通勤する時も家族で移動する時もカブを使う。4人乗りである。典型的な4人乗りパターンは前から弟or妹、父親、兄or姉、母親だろうか。


4人乗り家族

カブは人用
カブは移動のための道具である。「何を当たり前のことを…」と言わないでほしい。日本でのカブは郵便配達、新聞配達、出前を筆頭とする「荷物」を運ぶための道具のハズだ。しかし、サイゴンでは「ヒト」を運ぶための道具なのだ。サイゴンではカブを荷物の運搬に使用する人は少ない。大半のカブはダブルシートか荷台にピリオンシートを付けている。荷台のまま使われているカブは1-2割程度でしかないだろう。では、荷物の運搬には何を使うかというと人力なのである。シクロ(人力車)だ。サイゴンの町中では故障したカブを無理矢理シクロに載せて運ばせている人もいた。


シクロに乗ったカブ

カブは便利
たしかにカブは便利だ。公共交通機関が充実していないサイゴンでは移動の道具が必要だろう。しかし、だったら自転車でも良いではないかと思う。カブより安いではないか。が、町中に自転車は少ない。少なくはないのかもしれないが、あまりにカブが多いので自転車が少なく感ずるのかもしれない。(つづく)

1999-3-22作成

2月 181999
 

スーパーカブは世界中で使われています。このページではそうしたカブたちを紹介しています。投稿歓迎。旅行等でスーパーカブを見つけたら、写真を撮ってコメントと共に送ってください。もちろんあなたのHPにリンクさせていただく形でも結構です。

  1. パリで見掛けた丸目の赤カブ Paris, FRANCE 1998 Photo by YUICHIRO SUZUKI.
  2. バンコクでは… Bangkok, THAILAND 1998
  3. カブ密度日本一?築地 Tokyo, JAPAN 1998
  4. カブ本位制の国 HoChiMinh, VIETNAM 1999 Photo by TAKAHIRO FUJIMOTO.
  5. カブの街サイゴン(其の壱) HoChiMinh, VIETNAM 1999
  6. カブの街サイゴン(其の弐) HoChiMinh, VIETNAM 1999
  7. カブの街サイゴン(其の参) HoChiMinh, VIETNAM 1999
  8. ソウルの街角 Seoul, KOREA 2000 Photo by KAZUHIROU OSADA.
  9. イタリアでは… ITALY 2000
  10. 台北で働くカブ Taipei, REPUBLIC OF CHINA 2001
  11. マンダレーのカブ Mandaley, MYANMAR 2001 Photo by Joe.
  12. チェンマイは昭和30年代 ChiangMai, THAILAND 2001
  13. ソウルで働くカブ Seoul, KOREA 2002
  14. セパンのサーキットで見かけたカブSepang, MALAYSIA 2007 Photo by KAZUHIROU OSADA.
  15. プーケットのカブ Phuket 2008 Photo by MAMORU INOUE.
  16. タイの洪水 Bangkok, THAILAND 2011
  17. ハノイのカブ Hanoi, VIETNAM 2012 Photo by MAMORU INOUE.

スーパーカブの海外生産拠点(国名/拠点/主な生産機種名の順に列記)2002年11月現在
・日本 / 本田熊本製作所 / スーパーカブ、リトルカブ、郵政カブ、プレスカブ
・フィリピン / Honda Philippines,Inc. / Wave125S(ANF125), Wave α(NF100)
・韓国 / Daelinm Motor Co.,Ltd. / Citi Plus(C100)
・ベトナム / Honda Vietnam Co.,Ltd. / Super Dream(C100), Future(NF110), Wave α(NF100)
・インド / Hero Honda Motors Ltd. / Street Smart(C100)
・インドネシア / P.T.Astra Honda Motor / Astrea Legenda(C100), Supra(NF100), Karisma(ANF125), Kirana(AND125)
・タイ / Thai Honda Mfg.Co.,Ltd. / Dream Exces(C100), Wave100(NF100), Wave125(ANF125), Dream125(AND125)
・マレーシア / Kah Motor Co.,Sdn.Bhd. / EX-5(C100), EX-5 Class1(NF110)
・バングラデシュ / Atlas Bangladesh Ltd. / C50
・中国 / Sundiro Honda Motorcycle Co.,Ltd. / Wave(NF100)
・モーリシャス / Maurimotors Industries Ltd. / C70
・コロンビア / Fabrica Nacional de Autopartes / C70
・ブラジル / Motor Honda da Amazonia Ltda. / BIZ(C100)
・メキシコ / Honda de Mexico,S.A.de C.V. / BIZ(C100)

12月 151998
 

Super-cub in the world

築地は東京の台所。混雑した市場の中には当然カブが多い。ほとんどのカブは荷台を大型化し積載能力を高めている。

ここは場内。後ろに見えるのはカブの数倍の重さがありそうな冷凍マグロ。

リアフェンダーを見よ。錆びて完全に穴が空いている。いくら塩気の多い魚市場の中とはいえ、どのくらい走ったらこんなになるんだ?
Dec.1998

追記

カブが縁で知り合った、築地で働ている宇田川さんによると、サビはこんな程度ではないらしい。サビが進むと荷台の後ろ側を支えている部分がボロボロになり、荷台が下がってしまうそうだ。こうなったら荷物を載せられないので廃車。ちなみにマフラーも1年半程度でダメになるとの事。しかし錆びないからという理由で、モリワキのチタンマフラーを付けて築地の市場を走っている宇田川さんもスゴイ。2001.11.4
 
11月 151998
 

Super-cub in the world

バンコクのカブはDream100という名称、日本で云うタイカブである。角目のカスタムが更にカッコ良くなってしまったカンジ。更にスポーティなWaveというモデルもある。経済が急激に発展したタイでは丸目のスーパーカブなんてカッコ悪いだけなんだろう。ごく普通のカブはまったくお目に掛かれなかった。もっとも現地の過激な交通状況では小排気量の4ストバイクでは出足が遅くて生き残れないのかもれない。

これはカブ系バイクを元に作った3輪車。日本人の勝手な想像and目には最もアジアらしい乗り物に映る。その他バンコクでは妙にベスパが多かった。それと現地ではミシュランのシェアが高く、リヤカーまでがM35を履いていた。※本サイトの「カブ徒然」にも関連したコンテンツ「バンコクのカブ事情考察」があります。
9月 151998
 

Super-cub in the world

鈴木雄一郎さん撮影 Sep.1998

鈴木さんがパリで見つけた丸目の赤カブ。いつ頃のモデルでしょう。ライト上のバイザーは純正品の様です。丸目カブのユーザーなら欲しくなりますよね。残念ながら私の手許にあるヨーロッパ版のパーツリストは旧すぎてこれは載っていません。

ダブルシートは輸出仕様によく見られます。レッグシールドはカスタム仕様の物で日本の赤カブと同一品の様。(丸目と角目のカスタムではレッグシールド上端のディテールが異なります)日本で発売された赤いレッグシールドのカブは1983年に発売された赤カブで、これは角目のカスタムがベースでした。私の国内仕様の赤カブの写真もUPしましたので比べてみてください。

セル付きですね。リアウインカーのステーが異なるのはウインカーの間隔を現地の法規に合わせたためでしょう。なぜかリアショックのボトムケースまで赤いのが気になります。

 

 

 
8月 151998
 

Super Cub in the World

Ho Chi Minh VIETNUM
藤本宇洋さん撮影

 

 

 

 

 

すばらしくハイブリッドなカブです。いったい何台のカブの部品を寄せ集めたのでしょう。別体タンクの旧型カブのフレームにカスタムのフェンダーと現行丸目のハンドルまわり。細かな部品も片っ端から色違いです。極めつけは前後のキャストホイール。何からの流用か私には分かりません。このホイールは欲しい人多いんじゃないかしら(^_^) フレームパイプの上に付けられているのは通称ベトナムキャリヤ。彼の地では定番のアクセサリーの様です。

 

 

 

 

 

 

こちらはエンジン専門の中古部品屋。クランクシャフトを並べているところを見ると、店の人は年式による互換性の違いを熟知しているのでしょう。他にも中古ベアリングを並べた店やレッグシールドを修理する店もあるそうです。