2月 072016
 

近ごろはあまり聞きませんが、患者の体内に手術道具を忘れて閉じ(縫合)してしまったなどという事故の話を聞いたことがあります。そこまでの事故ではありませんが、ウチのカブ(飼犬)は昨年、動物病院で鎮静剤を使った歯石除去手術を行ったのですが、翌日散歩中にしたウ○コから手術で使った綿(わた)が出てきた事がありました。

いずれも使った物を取り出し忘れた事によるものですが、機械の整備でも同様な事例が生じる事があります。そして、こうした事故をもっとも恐れているのが航空宇宙産業です。エンジンの整備で工具を中に置き忘れて事故を起こす・・・あってはならない事ですからね。

SnaponFOD

こうした事故をFOD(Foreign Object Damage):異物損傷と言い、その防止はあらゆる産業で不可欠ですが、FODへの対策はどの様な方法で行われているのでしょう。

こちらは以前に紹介したISS(国際宇宙ステーション)の工具箱です。

isstoolbox1

www.flickr.com/photos/ISS Toolbox

航空宇宙産業ではこの様に、引き出しの中に工具の形状にカットしたスポンジやウレタンフォームを入れ、整備の終了時に戻し忘れが無いかを確認する事で、工具の戻し忘れを防止しています。

しかし、人の目視による確認作業ですから『絶対にミスが無い』とは言い切れません・・・という事への対策がSnap-onのLevel 5 ATC(Automated Tool Control)システムです。

Level5ATC

工具箱の中をカメラで監視し、すべての工具が揃った状態の画像と比較する事で、戻し忘れを防止するシステムです。何をどこに置いたかを登録する事で『何が戻されていないか』まで表示する事ができます。下はYouTubeの紹介映像です。

もちろんセキュリティ対策も兼ねており、ツールボックスはIDカードで開錠しますので『誰が使ったか』や『誰が何を戻し忘れたか』も分かる様になっています。

このSnap-on Level 5 ATCシステムのツールボックスが日本にも届きましたので、触ってみましたが、工具を取り出して引き出しを閉めると『Isuued One!』、工具を元に戻して引き出しを閉めると『Returned One!』とツールボックスがしゃべります。

はじめは面白がっていましたが、使っているうちにイラッとしてきました。機械に監視されている感があるのです。これは使用者が好みの声を選べる様になると解決するでしょうね。日本仕様は女優やアニメのキャラクターでしょう。

・・・と書きながら54歳のおっさんがはじめに思い浮かべたのは『うる星やつら』『ラムちゃん』でした。

RumChan