10月 282015
 

東京モーターショー2015のホンダのコンセプトモデルでもうひとつ「ほしい」と思えるモノがありました。E500 Prototypeです。

e500prototype

1965(S40)年に発売された発電機、E300を模したデザインで、燃料キャップまで付いていますが、発電機ではなくポータブル電源です。デザインはE300ですが、サイズはホンダがソニーのマイクロテレビ用に開発したE40の様な小ささです。

1965e300
1965 E300 100V/300W 55.4cc


1964 E40 100V/40W 21.2cc

これは「屋外で電気を使いたいけれど、発電機は大げさだしうるさい」という方(わたし)の待っていたモノです。通常、車の中でバッテリー上がりを心配せずに電気を使うには、ディープサイクルバッテリーとアイソレーターを設置する必要がありますが、このE500はその代わりを果たしてくれそう。

ただ、出力端子が交流100ボルトとUSB(5V)というのは解せません。なぜ直流12ボルトが無いのでしょう。これがあった方が用途は広がると思いませんか?中身はリチウム電池でしょうから直流ですし・・・

そこで気になるのが充電です。充電は交流100ボルトからなのでしょうか、直流12ボルトはどうなのでしょう。ホンダの製品なのですから車で使う事も考慮してもらいたいものです。

あと、2017年に発売予定との事ですが、これを見て同じ様なモノを先に発売するメーカーが出て来る様な気がします。

・・・しかし蓄電機って何ともクラシカルな呼称ですよね。ポータブル電源やモバイルバッテリーではダメなのでしょうか。発電機を模して造られたから蓄電機なのかしら。

Link:東京モーターショー2015を彩るコンセプトモデルたち

10月 282015
 

今回の東京モーターショーでホンダはSuper Cub ConceptとEV-Cub Conceptを発表しましたね。

evcubconcept
EV-Cub Conceptは近距離移動用という位置付けですが、バッテリーが着脱可能という事ですので、複数のバッテリーで運用して航続距離を伸ばす事もできるのではないでしょうか。また、充電器を内蔵している様ですので、出掛けた先でも充電できるインフラがほしいですね。携帯電話の有料充電器の様に、ショッピングセンターやホンダの販売店などに電気の自動販売機が有ったら便利ではないでしょうか。

supercubconcept
一方のSuper Cub Conceptは、低燃費エンジンを搭載してEV-Cubよりも航続距離の長い使い方という位置付けです。しかし今回のモデルの特徴は何と言っても『デザイン』でしょう。わたしが以前に「Vespa 946の様なカブがほしい」と書いたモノがこれです。C100の様な小さく少し華奢なカンジと、赤いシートと水色のレッグシールドには私の様なオジサンも萌えます(苦笑)・・・でも似合うの女性でしょうね。

モーターショーの挨拶では、ホンダの八郷社長がこの2台を「発売を前提に開発しています」と発表しましたので、 市販化が期待されます・・・が、わたしはSuper Cub ConceptのデザインのEV-Cubがあったらなぁ・・・などと思ってしまいました。

Link:東京モーターショー2015を彩るコンセプトモデルたち