8月 022014
 

ホンダ100株会の墓参ミーティングは今年で21回目=21年。毎年、本田宗一郎の命日である8月5日付近の土曜日に行っているのですが、なぜか天候に恵まれ、私の記憶ではこれまで雨に降られた事がありません。今年も天気は上々。集合場所の道の駅すばしりは標高800メートルの場所にありますので、日差しは強いですが風はさわやかです。

P1000933

道の駅すばしりから本田宗一郎の眠る富士霊園まで8キロほどのショートツーリング。木漏れ日の中の下り基調のルートは快適。きっとみなさんの脳内にはThe Beach BoysのMy Little Hondaが流れていた事でしょう。

P1000934

今年の墓参は昨年までとは異なります。昨年の12月に99歳で亡くなられた奥様が加わったからです。墓碑には夭逝された次男の勝久、宗一郎、そしてさちさんの名が刻まれていました。

P1000936

墓参の後、7キロほど移動し公園で昼食と歓談です。この日、東京の最高気温は35度を超えましたが、こちらは30度に達しませんでした。

P1000943

今回はホンダのOB4名の方々にご参加いただき、とても興味深い話を聞かせていただきました。その中のおひとりは、他のOBの方々よりひと時代前の話をされるので「失礼ですがお歳は・・・」と伺うと、その方は16歳でホンダに入社されたそうです。詳しいお話は次回の秋ヶ瀬ミーティングで伺う予定・・・楽しみです。

P1000948

大阪から参加された方のコレクション。The Beach BoysのLittle Hondaのソノシートです。これにはThe Beach BoysのLittle Hondaに加えて、日本語版のリトル ホンダも収録されています。作詞:安井かずみ、編曲:宮川泰、演奏:ブルージーンズ、コーラス:ジャニーズという豪華メンバー。こちらは聴いた事が無いのでぜひとも聴いてみたいものです。

P1000950

8月 052013
 

IMG_2462

今年で20回を迎える墓参ミーティング。天候にも恵まれ楽しいイベントとなりました。

集合場所は日差しは強いですがさわやかな高原の風が吹く道の駅ふじおやま。今回は参加者が少ない上、自走途中のマシントラブルで参加を断念した方もいらしたため、少人数での開催となりました。しかし、今回は大阪は高槻市からご参加いただいた方もいらっしゃり、密度の濃いコミュニケーションができました。

道の駅すばしりから本田宗一郎の眠る富士霊園まで8キロほどのショートツーリング。木漏れ日の中を快適に走り、みなさんの脳内にはBeach BoysのLittle Hondaが流れたのではないでしょうか。

富士霊園に着き、木陰にカブを並べてお墓に向かうと先客が。クラブの紹介をしつつお話を伺うと本田宗一郎の奥様の代わりに参ったそう。さち夫人は御歳99。さち夫人の近況を伺ったり晩年の宗一郎の話を伺う事ができました。

ところで、墓参にはじめて参加された方には、本田家のお墓は他のお墓と異なる方角を向いている事を説明しています。

まわりのお墓は、みな東の方角を向いているのですが、本田家のお墓は西向きなのです。

なぜでしょうか。天候に恵まれると分かるのですが、西の方向には富士山があるのです。このお墓は富士山が好きだった宗一郎の意向でこの場所、この向きに建てられたのです。

数万基のお墓が同じ方角を向いている中で、それとは違う方を向いたお墓。ここに来るたびに「あの方らしいなぁ」と思うところです。

墓参のあとはふたたび9キロほど移動し、大きな石のテーブルのあるあずまやで昼食です。ここでも話は大いに盛り上がり、当初の計画からは大幅に解散時間が遅くなってしまいました。

ところで、集合場所を「道の駅ふじおやま」にした年から、このイベントの名称を「富士小山ミーティング」としましたが、集合場所が「道の駅すばしり」となったからには「須走ミーティング」にした方が良いのでしょうか。内容通り「本田宗一郎墓参ミーティング」にすべきかしら。

※参加された方には、上記以外の写真や高画質の写真を差し上げますのでお申し出ください。(Size:2048×1275)
 →お問い合わせはこちら(E-Mail)