2月 032015
 

ASUS_X205TA

Windows8.1のノートPC:ASUS Eeebook X205TAを入手。これはアメリカで200ドルPCと言われているモノ。日本では3万円強ですが11.6インチ画面のWindows8.1のノートPCとしては格安。ちなみにアメリカのAmazonでも価格200ドルではなくて239ドルでした。

これはタブレット用のCPUを使用してメモリを2GBで済ませ、データはクラウドに保存する事を前提に、ストレージはたったの32GBという、タブレットにキーボードを付けた様な仕様だからこそできた価格。マイクロソフトに支払うべきWindowsのライセンスも0円という事です。

この割り切ったコンセプトのおかげで重量も980グラムという文句ない軽さ。おまけにクラウドサービスとして、マイクロソフトのOneDriveが100GBと、ASUSのWebStorageは500GBの利用権がそれぞれ2年分付いています。

もっと安いヤツもあります。日本ヒューレットパッカードのHP Stream 11は2万5800円です。しかし重量が1.26kgで、色がポップなブルーでしたので、わたしはEeebook X205TAを選びました。

しかし、考えてみると私が購入したパソコンはMacばかり。Mac以外のノートPCは東芝のダイナブック:J3100SS以来です。調べてみましたらJ3100SSは1989年の発売でしたので、26年ぶりという事です。

で、これの主な使用目的はArduino(アルデュイーノ)とブラシレスジンバル用。Arduinoは各種のハードウェアを制御するための小型マイコンボードで、制御のためのプログラムを書いたり、プログラムをArduinoに書き込むのにPCを使用します。

ブラシレスジンバルというのは動画を撮影するカメラを水平に保つための道具で、ジャイロセンサーとブラシレスモーターおよび小型のマイコンボードで構成されていて、そのチューニングにPCが必要なのです。

ArduinoはMac用のソフトウェアもありますが、ブラシレスジンバル用のソフトはWindowsPC用しかなく、ノートPCを持っていなかったのでこれを機会に入手したというワケです。(ですのでソフトの対応していないChomeBookは対象外)

これが問題なく使用できる様になったら、自宅にあるデスクトップ用のMac2台(iMac & Mac mini)のうち、自室用のiMacは引退してもらう予定。もしかしたら、これが我が家のMacの終わりのはじまりになるかもしれません。

●amazonのサイト:ASUS ノートブック Eeebook X205TA ( Windows 8.1 with Bing / 11.6 inch / Atom Z3735F / 2GB / eMMC 32GB / kingsoft multi-license ) X205TA-B-32G

【追記】新型が出る様です。2015.2.6 ←カラーバリエーションの追加のみでした。