2月 252016
 

24日に青山の本社で行われた、ホンダの八郷社長の記者会見で、電動二輪車のEV-CUB Conceptをベースに量産化したEV-CUBを、2年後をめどに、日本で発売すると発表。

Hondaのニュースリリース
2016年2月 社長会見 代表取締役社長 社長執行役員 八郷 隆弘 スピーチ骨子

evcubconcept
EV-Cub Concept

昨年のモーターショーでも、八郷社長は「発売を前提に開発しています」と発表していますで、今回の発表により市販化が確実になったといえるでしょう。

ところで、以前のエントリーでわたしは、Super Cub ConceptのデザインのEV-Cubがほしいと書きましたが、今回あらためて両者を見くらべてみました。

↓こちらが低燃費エンジンを搭載したSuper Cub Conceptです。
supercubconcept

こうして並べて見てみますと、両車のデザインはとても似ている事が分かります。フロント周りはハンドル、フロントフォーク、ホイール等はほぼ共通の様です。また、シートや荷台も同じモノの様です。

デザイン上のちがいは、フロントフェンダーからリアフェンダーにつながるラインが、EV-CUBの方はエッジを効かせてあるのに対し、Super Cubの方は丸みをもたせてある事でしょう。(エッジが効いている様に見えるのは色とライティングのせいで、両車は同じ形状の様にも見えます)20160301追記

なお、EV-CUBのリアホイールが片持ちで、エンジンやマフラーが見えないのは電動であるためですし、サイドカバーが無いのは始動用のバッテリーが無いためですので、機能に従ってデザインしたという事・・・

ですが・・・端正な印象のSuper Cub Conceptに対し、EV-CUBがチープに見えるのはわたしだけでしょうか。

この差はカラーリングにあるのでしょうか。マフラーやサイドカバーの有無でしょうか・・・Super Cub Conceptと見くらべていると、わたしにはEV-CUBがいわゆる「白物家電」に見えてしまうのです。白い部分が「ただのプラスチック製のカバー」にしか見えないのです。

これはわたしの様に「バイクは機能部品が見えている」のに慣れた目で見ているからなのだと思いますが、若い方はどの様に感じるのでしょう。両車とも同じようにカッコ良く見えるのでしょうか。

・・・2年後は「電動だから」ではなく、「カッコいいから」乗りたい「カッコいいから」ほしい、EV-Cubとなってデビューしていただきたいモノです。

追記:今回の記者会見の模様がYouTubeにUpされました。2016/02/25
https://www.youtube.com/watch?v=7CgFIy3wreI&feature=youtu.be

10月 282015
 

今回の東京モーターショーでホンダはSuper Cub ConceptとEV-Cub Conceptを発表しましたね。

evcubconcept
EV-Cub Conceptは近距離移動用という位置付けですが、バッテリーが着脱可能という事ですので、複数のバッテリーで運用して航続距離を伸ばす事もできるのではないでしょうか。また、充電器を内蔵している様ですので、出掛けた先でも充電できるインフラがほしいですね。携帯電話の有料充電器の様に、ショッピングセンターやホンダの販売店などに電気の自動販売機が有ったら便利ではないでしょうか。

supercubconcept
一方のSuper Cub Conceptは、低燃費エンジンを搭載してEV-Cubよりも航続距離の長い使い方という位置付けです。しかし今回のモデルの特徴は何と言っても『デザイン』でしょう。わたしが以前に「Vespa 946の様なカブがほしい」と書いたモノがこれです。C100の様な小さく少し華奢なカンジと、赤いシートと水色のレッグシールドには私の様なオジサンも萌えます(苦笑)・・・でも似合うの女性でしょうね。

モーターショーの挨拶では、ホンダの八郷社長がこの2台を「発売を前提に開発しています」と発表しましたので、 市販化が期待されます・・・が、わたしはSuper Cub ConceptのデザインのEV-Cubがあったらなぁ・・・などと思ってしまいました。

Link:東京モーターショー2015を彩るコンセプトモデルたち