10月 082015
 

以前に「差込角7.1mmのソケットレンチ」というタイトルで、差込角が9/32インチ(7.1mm)のソケットレンチが存在したエントリーを書いたが、Snap-onには2000年頃まで差込角が1/8インチ(3.2mm)という規格も存在した。これだけ小さなサイズなので、供給されていたソケットのサイズも3/32インチ,1/8インチ,5/32インチ,3/16インチという小さいもの。メトリックに換算すると2.4mm,3.2mm,4mm,4.8mmとなります。

snapon8div1

3月 292012
 

1940年代のSnap-onの1/4インチドライブのセットを入手。Snap-onは1920年代から製品に製造年の末尾の数字が刻印されている。その数字は各年代で書体を変えてあるので対応表を見れば製造年が分かる。

こちらが対応表(Year Mark)

1944年と1945年は数字でなくE=EmergencyとG=Govermmentとなっている。これは第二次世界大戦末期の例外表記。この2年間は生産のほとんどが軍用だったのだろう。1931年から1933年も数字ではないが、これはイヤーマークのデザインポリシーが固まっていなかったためではないか。現在は2029年までのイヤーマークが決まっている様だ。

ラチェットハンドルにはEが、ソケットにはGの刻印がある。