ホンダ100株会

20140503e
C100は1958(s33)年に発売され、1966(s41)年ころまで販売されていた初代のスーパーカブの型式で、OHV形式のエンジンが特徴です。C100の発売後、55ccのC105やセルフスターターの付いたC102等のモデルも追加されました。

ホンダ100株会は、これらのC100系スーパーカブの愛好者の集まりで、本田宗一郎の亡くなられた1991(h3)年の翌年に、スーパーカブの生まれ故郷※1である埼玉県の浅倉勝一さんを中心に結成されました。

はじめての活動は、本田宗一郎の命日の8月5日に、C100で青山のホンダの本社に集まり、そこから本田宗一郎のお墓※2へのお参りでした。それ以来、お墓参りは毎年続けられています。また毎年5月には、さいたま市の秋ヶ瀬公園に集まる「秋ヶ瀬ミーティング」も開催しています。

現在Netで検索しますと「カブ主」や「カブ主会」「カブ主総会」や「持カブ会」といった、スーパーカブのグループやイベントを数多く見付けられますが、スーパーカブの“カブ”を、株式会社の“”に掛けた名称を使いはじめたのは「ホンダ100株会」が最初ではないかと思われます。

 ※1 スーパーカブは1958年に、大和工場(後の埼玉製作所和光工場)で生産が始められました。
 ※2 本田家のお墓は、静岡県小山町にあります。
 ※イベントへの参加を希望される方は、ホンダ100株会の会員にお申し出ください。

Top Pageへ