左アクセル

スーパーカブ発売(1958年)当時のサービスマニュアルには、オプションとして左側にアクセル(スロットルグリップ)を付けられる旨の記述がある。実際にそれ用の部品も存在した様だ。

左側にアクセルを移す必要性に関してはっきりとした理由は不明だが、当時のオー トバイには左側にアクセルのある物もあり、こうした左アクセルに慣れた人のために用意されたとも考えられる。

左アクセルグリップ
左側アクセルの載った当時のサービスマニュアル

追記 2002/2/24
本稿には幾人かの方から、左アクセルは出前等の片手運転のため用意されたと教えていただきました。しかし疑問なのは、どうしてアクセルだけ左に移して、ブレーキレバーは移さなかったのだろうという事です。それほど飛ばさないから停止には後ブレーキだけ使えば良いと考えたのでしょうか。おかもちを右手で持ちたいという要望に、アクセルの移設だけで対応するというのは、メーカーの姿勢としては好ましくないだろう。そのためこの左アクセルは短命で終わったのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA