ニセモノにご注意

これはNikeのAirMaxの事でもCHANELやRolexの話でもない。カブの部品である。モノはブレーキシュー。わたしがこれを知ったのは6-7年前の事。とあるバイク屋のカウンターに置いてあったホンダ系販売会社の注意書きからである。

その書面のタイトルは「偽ブレーキシューにご注意!!」<カブ系ブレーキシュー模造品の判別方法>という内容で純正品と模造品の判別方法が写真入りで説明されていた。 “ニセモノ注意の触れ書き”
偽ブレーキシュー
純正品のブレーキシューにはHm(Honda Motor)の刻印があるが、模造品はこれがHwとなっているのには笑える。マークをあえて変えていたのはニセモノでないと主張するためであったのだろう。純正品ではなく社外品とであるので違法でないとの主張が込められていたのかもしれない。

たぶんこのブレーキシューは純正品よりも安価に販売されていたのであろう。バイク屋は模造品と承知の上でこれを使い利益を上げようとしたハズだ。ホンダの注意書きはこうした行為を牽制するために配布されたものと思われる。

もっとも私はこうした事実を誇りたい。ニセモノがあるのはその製品が良いモノである事の証明である。メイトやバーディーには模造部品なんてないでしょ。

ところで、OHVのC100系カブ全盛の時代には模造ブレーキシューどころではなかった(らしい)。わたしの手持ちの部品だけでも非純正(模造品)のテールレンズ、ガスケットキット、マフラー等があるし、メーカーでは純正部品としては設定のない、フレーム後部のリアフェンダー部分までも部品として販売されていたとの事だ。

どなたかこのHwマークのブレーキシュー持ってないですか?(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA