エコラン@鈴鹿「挑戦状」

6月12日に鈴鹿サーキットで開催された「Hondaエコノパワー燃費競技鈴鹿大会」に参加しました。この大会は毎年秋にツインリンクもてぎで開催されている「ホンダエコノパワー燃費競技全国大会」の地方大会という位置づけのもの。全国大会にはSuper-Cubsとして毎年参加していましたが、鈴鹿大会への参加は今回がはじめてです。

参加することになったのは、エコランの参加チームのちびっ子T-Ark(以下ちびT)さんから送られてきた「宣戦布告」という少々物騒なタイトルのメール。

————————-Message————————-
From: ぷりんす
To: スギヤマカツヒサ

Cc: 勝さん; 提督; じゃいあん; イカ様; じゃい子; イワサーキ将軍; 泣き虫ガンちゃん; ノビ太; 「殿下」; ずるマツ; 松本怪人; しみずるい; 中谷分からん; たぐっちゃん; 魔女っ子のぞみちゃん; 悪党ヒラツカ; やぶ; もり; あじ
Subject: 宣戦布告!

お世話になっております。チームちびっ子T-Ark代表の本沢と申します。毎年毎年悔しい思いをさせていただき、もう、ボクお腹いっぱいです♪

・・・と言うわけで来年は何処のコースでも、どんな天候でも、必ず倒します。つきましては、挑戦状を手渡ししたく存じますので、名古屋近辺に出張の際はぜひ一声掛けてください♪

ちびっ子T-Ark代表:本沢
PS:今年のカブ部門の親分の企画書を添付します、どうぞ「ご笑味」下さい♪

———————-End of Message———————-

・・・という内容。ちびTさんは豊田市を拠点として活動しており、エコラン専用マシンのクラスである一般クラスには、燃料噴射システムを搭載したマシンで参加しています。メンバーはトヨタやその関連会社の社員の方々です。

ちびTさんは鈴鹿大会の市販車クラスでは、2002年、2003年と連続して優勝しているのですが、全国大会では運?に恵まれず、ここ数年は常に上位に位置するにもかかわらず、いまだに優勝できていません。

2001年の全国大会は、わたしたちSuper-Cubsが1-2位でちびTさんが3位。わたしが市販車クラスに参加しなかった2002年のちびTさんは、なぜか9位。昨年の2003年は、わたしが1位でちびTさんが2位という、ちびTさんにとってSuper-Cubsは目の上のコブ状態。

そんな事もあり、昨年の全国大会が終わって2004年の活動方針を立てる際、「打倒!Super-Cubs」という目標?をちびTさんは立てたのでしょう。もちろんちびTの皆さんは楽しくユーモアのある方ばかり。エコランを真面目に、かつ「楽しむ」ために挑戦状という企画を立てたのだと思います。

メールに添付されていた「活動方針/マニフェスト」も楽しいです。

○Link: ちびっ子T-Arkカブ事業部活動方針/マニフェスト(PDFファイル)

・・・という立派なもの。部外者(常人?)には理解できないところも一部ありますが、真面目に楽しくエコランに取り組む姿勢には、関心する事しきり。このメールにより、色々と理由をつけて「エコランへの参加は終わりにした」決心が揺らぎはじめてしまいました。

いずれにせよ、エコラン界で有名なちびTさんから、挑戦状をいただけるというのは光栄な事です。家宝?になるかもしれません。「すぐにでも受け取りに参ります」という気持ちもありましたが、一応「挑戦を受ける側が、挑戦状をもらいに行くっていうのは、少々間抜けな気がしますねぇ」と返答。

ちびTさんは昨年、一昨年と2連勝している鈴鹿大会を、今回の勝負の場所として考えている様ですが、この段階ではまだ挑戦を受ける決心はついていませんでした。理由はドライバーのアテがなかった事。我が家のドライバーのミナト(妻)が、この段階では乗り気でなかったからです。

そうこうしているウチに時間だけが過ぎ、3月になってから再びちびTさんからのメール。

————————-Message————————-
From: ぷりんす
To: スギヤマカツヒサ
; 勝さん; 提督; じゃいあん; イカ様; じゃい子; イワサーキ将軍; 泣き虫ガンちゃん; ノビ太; 「殿下」; ずるマツ; 松本怪人; しみずるい; 中谷分からん; たぐっちゃん; 魔女っ子のぞみちゃん; 悪党ヒラツカ; やぶ; もり; あじ
Subject: [tiny-bomb]M:チーム通達AF9809-0004

もとざわ@3月入ると会社辞めたくなる。5月病の一種では無いかと?

鈴鹿エコパGrI三連覇がかかっている「ちびっ子三輪車」ですが、今年のチーム名は「ちびっ子三輪車V3(ぶいすりー)」に決定。尚、エントリー用紙の一言には「スギヤマカツヒサ!オレが怖いのか!かかってきやがれ!」以外は認めません♪

杉山さん、今年は6月12日だそうです♪ 従業員一同首を洗ってお待ちしております。尚、当然ウチが負けたら雨天だろうがなんだろうが、

1,マネージャー土下座。「茂木で勝負してください」泣きのもう一回スペシャル。
2,トム・ジョーンズの真似で「よくあることさ」を大声で歌う。(映画マーズ・アタック参照)
3,メガネをおでこに上げた状態で「メガネ・メガネ」をさせる。

など各種罰ゲームを多数用意しております。お気軽にご用命ください。

———————-End of Message———————-

・・・と再び挑発してくれる。これだけ盛り立ててくれたのに、挑戦を受けないのは失礼だと・・・去年の全国大会で1位となった我がSuper-Cubsの長田さんに相談。一緒に参加する事になりました。

そうと決まれば、次のイベントは挑戦状を叩きつけれれる場面。ちびTカブ事業部のマネージャー(事業部長?)の鈴木さんと、日程や場所を調整。いくらおふざけとはいえ、愛知県からわざわざ東京に来てもらうのはたいへんだろうと、静岡あたりで落ち合う提案もしましたが、

「こちらから出向きます。優勝チームに対して鈴鹿に来いなどと申し入れてる訳ですから、最低限の敬意は示さなければいけないと考えてます。すでに敬意を表してないかもしれませんが・・・ということで、杉山様のお宅もしくはその近くまでは伺わせていただきます」

ときた。彼らは本気で遊んでいるのです。こちらも心して掛かろう・・・と、4月17日にこちら(東京)へ来ていただきました。待ち合わせの東京駅にいらしたのは鈴木さんと本沢さん。こちらは長田さんの都合が付かなかったので、自分と2001年の優勝ドライバーのミナトのふたりでお出迎え。

今回は鈴木さんがわたしに挑戦状を叩きつけ、本沢さんは立会人という設定だそうです。とりあえず東京駅からウチの車で大森のイタリアンレストランへ移動。4人で食事をしながら話ははずみます。エコランはもうイイと言っていたミナトも、再びドライバーをやりたくなってきた様でした。

2004suzuka_1

最後に店の前で鈴木さんから挑戦状をいただく。挑戦状は和紙に毛筆で書かれた立派なもの。「手紙の書き方」などの教本に挑戦状の書き方は載っていないので、書くのには苦心したそうです。

2004suzuka_2

○Link: super-cub.com/カブ徒然/エコラン@鈴鹿「0.35グラム差」につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA